バクシーシ山下とカンパニー松尾の伝説のAV上映会開催決定! AVだからこそ見える人間模様がここに。

バクシーシ山下とカンパニー松尾の伝説のAV上映会開催決定! AVだからこそ見える人間模様がここに。
今も語り継がれるバクシーシ山下とカンパニー松尾の幻の傑作AV2編を敢えてクリスマスイブの夜に阿佐ヶ谷ロフトAで上映される。実はこの企画、今年で2回目となる。 きっかけは、遡ること11年前、2008年12月24日、映像作家の松江哲明が同じ阿佐ヶ谷ロフトAで開催した『中央線で一番楽しいクリスマスイブ』というイベントでカンパニー松尾の『UNDERCOVER JAPAN 第2部 さよなら東京』を上映。その時、お客さんとして来ていたひとりの女子大生がAVに興味を持ち、その後本当にAV女優になった。それがましろ杏。彼女は2009年にAVデビューし、ハマジムにも出演。2011年に引退するも2017年に復活し、2018年に再度ハマジム作に出演。
バクシーシ山下とカンパニー松尾の伝説のAV上映会開催決定! AVだからこそ見える人間模様がここに。
その撮影終了後、ましろさんが「もう一度クリスマスにUNDERCOVERを見たい」と言ったのがきっかけでこの上映会が始まった。で、そんなクリスマス上映会の併映は何がいいかな?と考えた時、もっと厄介なAVがいいなと思い『死ぬほどセックスしてみたかった。』をパートナーに迎えたのが昨年。今年は逆に『UNDERCOVER JAPAN さよなら東京』は飽きたので、死ぬほどセックスを残し、新たにバク山作と同じ”死”を扱いながら、まったく違うアプローチで作られたカンパニー松尾の『私を女優にして下さい AGAIN 11』を上映することになった。 これは、松尾の2010年の活動を総括したドキュメンタリーで、セックスと共に父親の死も記録されている。(また偶然ですが、ましろ杏さんも1カット登場)故に積極的に上映してこなかった幻のAVですが、松尾が、今年のあいちトリエンナーレで発表した長編ドキュメンタリー『A DAY IN THE AICHI』のサブテキストとして、とても重要な意味を持つので、敢えてこのタイミングで上映となった。 ちなみに名古屋でのみ上映された『A DAY IN THE AICHI』は、劇場版として3時間20分に再編集され、2019年末と2020年初頭に渋谷LOFT9での上映が決まっている。 そんなこんなの傑作(?)AV2本を、2019年のクリスマスイブにお届け。前売りチケットは現在発売中、イベント詳細はこちらをチェック。

あわせて読みたい

Rooftopの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月30日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。