スピッツ、全国ツアー開幕!「優しい感じのあの曲をやります」

スピッツ、全国ツアー開幕!「優しい感じのあの曲をやります」
スピッツの全国ツアー『SPITZ JAMBOREE TOUR 2019-2020“MIKKE”』が11月30日、静岡県・静岡エコパアリーナで開幕した。思えば2017年に行われた<SPITZ 30th ANNIVERSARY TOUR “THIRTY30FIFTY50”>もここからのスタートだった。その時、草野マサムネは「これからもおもろい曲、不思議な曲をたくさん作るので期待してて」と語っていたが、それが形となったのが、10月9日に発売された約3年振りのオリジナルアルバム『見っけ』だ。30周年という節目を超え、さらにスピッツを、バンドを楽しもうという4人の想いがパッケージされている感が強い、最新アルバムを携えてのツアーだけに、ファンならずとも誰もが観たいと思うライヴ、ツアーのスタートを、会場を埋め尽くした8000人のファンが期待に胸を膨らませながら待っていた。
スピッツ、全国ツアー開幕!「優しい感じのあの曲をやります」
ツアー初日特有のドキドキ感とワクワク感。それはお客さんだけでなく、スタッフやそしてメンバーも同じで、この日のライヴに立ち会う全員の思いが、会場を包む。そんな空気を切り裂くように太いビートが奏でられ、ライヴはスタート。今回のツアーは2020年7月まで8か月間続くロングランツアーだけに、ライヴを楽しみに待っている多くのファンのためにも、セットリスト、ライヴの全貌を明かすのは控えたいが、もちろんアルバム『見っけ』からの楽曲中心に、名曲の数々、意外な楽曲が次々と披露された。「初めましての方は初めまして、いつも来て下さる方はご無沙汰してます。ツアー初日の1曲目は声が出るのだろうかといつも不安になるけど、出てました?」と草野が客席に語り掛けると、大きな拍手が起こり「こうなったら楽しい夜にするから、俺達について来いよ!!と、言いながら自分で自分を誰だこいつって思ってしまいます」と、いつも通りのゆるいMCに客席は笑顔で聴き入っていた。 「優しい感じのあの曲をやります」という草野の言葉の後、聴き慣れたイントロを三輪テツヤのギターが奏でると、老若男女、幅広い世代が駆け付けた客席の全ての人が、ステージにグッとひきつけられる様子が伝わってくる。NHK連続テレビ小説『なつぞら』の主題歌で3年2か月振りのシングルとなった「優しいあの子」だ。開放的なメロディと優しく降り注ぐ、温かな陽ざしのような歌、その歌に寄り添うようなバンドサウンドが、極上のポップネスを生み出す。

あわせて読みたい

Rooftopの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「スピッツ + ライブ」のおすすめ記事

「スピッツ + ライブ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「スキマスイッチ」のニュース

次に読みたい関連記事「スキマスイッチ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「椎名林檎」のニュース

次に読みたい関連記事「椎名林檎」のニュースをもっと見る

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月2日の音楽記事

キーワード一覧

  1. スピッツ ライブ

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。