月刊牧村 冬期ゼミ#4『イエロー・マジック・チルドレンの逆襲』その2
拡大する(全3枚)
2019年2月11日(月・祝)ROCK CAFE LOFT is your room 【講師】牧村憲一 【ゲスト】高野寛、吉村栄一  YMOのファンにとっては興味深いお話が続きます。今回は3号連続連載の2回目。僕も最後のほうで少し参加します。なお、12月25日(水)にYMCライブはリリースされます。(文責・牧村憲一)

YMOをカバーする時の〈外し方〉

吉村:高野さんはYMOのカバーをけっこうやっているじゃないですか。 高野:やってますね。3曲くらい正式に出してるかな。 吉村:今回のYMCのコンサートではカバー1曲とオリジナル1曲を披露されますが、もう選曲は済んでいるんですか。その選曲を踏まえて、高野さんのYMOのカバーをここで聴いてみたいんですけど。 高野:じゃあ、これを聴いてみましょうか。 ──高野寛「音楽 / Ongaku」 吉村:高野さんはこの他に「中国女」と「君に、胸キュン。」をカバーしていますが、カバーしたくなる基準はどんなところにあるんですか。 高野:いま聴いてもらった「音楽 / Ongaku」もそうなんですけど、ほぼシンセを使ってないんです。ギターでアレンジができる曲しかカバーしません。あえて言えばそれが基準かもしれませんね。もし自分が鍵盤を弾けたら、どうしてもYMOに似たものを目指してしまうか、あるいはYMOとは全くかけ離れたものを目指したかもしれませんね。 吉村:

この記事の画像

「月刊牧村 冬期ゼミ#4『イエロー・マジック・チルドレンの逆襲』その2」の画像1 「月刊牧村 冬期ゼミ#4『イエロー・マジック・チルドレンの逆襲』その2」の画像2 「月刊牧村 冬期ゼミ#4『イエロー・マジック・チルドレンの逆襲』その2」の画像3