"まるりとりゅうが"、初のZeppワンマンツアー完遂!こんなにも素敵な景色を見せてくれて『ありがとう』。

"まるりとりゅうが"、初のZeppワンマンツアー完遂!こんなにも素敵な景色を見せてくれて『ありがとう』。
新世代のアーティストとして注目を集める男女ユニット“まるりとりゅうが”。9月にリリースしたセカンドミニアルバム『お見知りおきを』を引っ提げ、11/10(日)福岡・Zepp Fukuokaを皮切りにスタートし福岡・大阪・東京の3都市で開催された初のZeppワンマンツアーが、12/8(日)東京・Zepp DiverCity公演で大成功のうちに幕を閉じた。
"まるりとりゅうが"、初のZeppワンマンツアー完遂!こんなにも素敵な景色を見せてくれて『ありがとう』。
オープニングのエモーショナルなバンド演奏とともに紗幕に2人のシルエットが浮かび上がると、客席からは悲鳴にも似た歓声が沸き起こる。紗幕が降り、まるりとりゅうがの2人が登場しデビュー曲の「気まぐれな時雨」からライブはスタート。丁寧に声を重ねていくMaRuRiとRyugaの歌声に会場は一気に引き付けられていった。 続くアップテンポなナンバー「翼」「君と見たい景色」では、客席とのコールアンドレスポンスもあり、2人は序盤から一気に会場の熱を上げていく。
"まるりとりゅうが"、初のZeppワンマンツアー完遂!こんなにも素敵な景色を見せてくれて『ありがとう』。
その後、女子の本音を赤裸々に歌った「聞き飽きちゃうくらいの愛を伝えて欲しいの」では、リードボーカルを取るMaRuRiのキャラが炸裂、それに負けじとRyugaもコミカルなリアクションで応戦し、客席をリラックスしたムードで楽しませた。 中盤は「みかんハート」(C&K)から「WINDING ROAD絢香×コブクロ)まで、幅広いカバー楽曲をメドレーで聴かせ、彼らの原点を思い起こさせるような一幕も。 後半戦は「幸せになって」「曖情」、新曲「ドッペルゲンガー」、そしてセカンドミニアルバムのリード曲「わけじゃない」と立て続けにドラマチックなナンバーを畳みかけ、会場のテンションを昂らせていく。

あわせて読みたい

Rooftopの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月9日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。