日本に逃れてきた難民とつくったレシピ本「海を渡った故郷の味 Flavours Without Borders」新装版発売!

日本に逃れてきた難民とつくったレシピ本「海を渡った故郷の味 Flavours Without Borders」新装版発売!
拡大する(全3枚)
認定NPO法人難民支援協会は、 日本に逃れてきた難民とともに作ったレシピ本「海を渡った故郷の味 新装版 Flavours Without Borders new edition」を発売する。 ミャンマー(ビルマ)、 イラン、 クルド、 エチオピアなど、 世界15の国・地域から45の家庭料理を集めた日・英併記のレシピ本。 レシピを教えてくれたのは、 世界中から日本に逃れてきた難民の方々。 故郷の家庭料理を、 日本にある食材で簡単に作れるよう工夫されている。 2013年に出版されてからたいへん多くの方に読んでいただき、 本書の料理を大学の学食で提供する活動(Meal for Refugees, M4R)が生まれるなど、 難民への共感を広げるきっかけになってきた。一方で、 日本で難民として認定される方の数は年間数十人と依然として少なく、 多くの方が厳しい状況に置かれている。より多くの方に日本に逃れた難民について知ってもらいたいと、 レシピの内容はそのままに、 このたび新装版を出版することとなった。
日本に逃れてきた難民とつくったレシピ本「海を渡った故郷の味 Flavours Without Borders」新装版発売!
本書は、 日本に逃れたきた難民を支援する「認定NPO法人 難民支援協会」が、 支援を行っている難民の方からレシピを教えてもらい、 ともに料理を作りながら制作。 家庭料理の味や匂いの記憶は、 生まれ育った土地の記憶を呼び起こすもの。 迫害という過酷な経験を持つ難民にとって、 料理を通じて思い出す故郷は、 必ずしも幸せな風景ばかりではない。 それでも、 家庭料理を共に囲んだ大切な人たちとの思い出も、 その記憶にはつまっている。各レシピに掲載しているコラムには、 食文化の豆知識、 作り方のコツに加え、 作り手である難民の料理をめぐる個人的ストーリーも紹介されている。 また、 料理の中には、 母国の家族が送ってくれるスパイスを使い、 故郷の味を再現するようなレシピもあれば、 長年の日本での生活を経て変化していったレシピも。本書を通して、 海を渡って逃れてきた難民の故郷の味、 そしてその思いを感じよう。

この記事の画像

「日本に逃れてきた難民とつくったレシピ本「海を渡った故郷の味 Flavours Without Borders」新装版発売!」の画像1 「日本に逃れてきた難民とつくったレシピ本「海を渡った故郷の味 Flavours Without Borders」新装版発売!」の画像2 「日本に逃れてきた難民とつくったレシピ本「海を渡った故郷の味 Flavours Without Borders」新装版発売!」の画像3

当時の記事を読む

Rooftopの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月4日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。