泉谷しげる、映画『無頼』主題歌&予告編ナレーション決定!「我ながらいい声だなと思いました」

泉谷しげる、映画『無頼』主題歌&予告編ナレーション決定!「我ながらいい声だなと思いました」
『パッチギ!』『黄金を抱いて翔べ』など、デビュー作以来、社会のあぶれ者、はみ出し者を冷徹かつ共感に満ちた視線で描き続けてきた井筒和幸監督。その8年ぶりとなる新作『無頼』が、5 月 16 日(土)より新宿 K’s cinemaほか、全国順次ロードショーにて公開される。 主人公は、誰もが“欲望の資本主義”を追いかけた戦後日本そのもの。激しく変転を続けた昭和という時代が、世間という“良識の監獄”の外側で生き抜いたヤクザ者たちの群像劇を通して逆照射される。 この度、作品の主題歌が泉谷しげるの「春夏秋冬~無頼バージョン」に決定した。こちらは、映画のために新たに収録されたものとなり、CDアルバム「無頼 全曲集~春夏秋冬~」(ベルウッド・レコード)」の収録曲として5月に発売される予定。また、今回、泉谷は「無頼」予告編のナレーションも担当。劇場用映画の予告編ナレーションを手がけるのは初めての試みとなる。

泉谷しげる コメント

泉谷しげる、映画『無頼』主題歌&予告編ナレーション決定!「我ながらいい声だなと思いました」
今回、8年ぶりの井筒監督の作品で、主題歌と予告編ナレーションを担当しました泉谷しげるです。予告編を見ただけで面白かったですね。何がいいかというと、昭和の色ですかね。それを今やっているのがいい。EXILEのMATSUがEXILEに見えないのがいい。予告編で期待しています。見に行っちゃいます。(ナレーションの声は)我ながら、自分でいい声だなと思いました。皆さん、気がついてくれるでしょうか? (映画の)主題歌に春夏秋冬という50年以上も前の曲が選ばれたのですけど、歌というのはどの世代、どの環境にいる人たちにもテーマとして流れるものだとしたら、それは大変幸せなことで。それがサラリーマンだろうが、普通の主婦であろうが、どんなものでも映像のバックに使っていただけるとしたら、それは大変名誉なことではないかなと思います。あんないい歌を本当に俺が作ったのか、疑問ですが(笑)井筒監督の作品に合うように新しくアレンジし直したので、ぜひ楽しんでいただきたいと思います。
泉谷しげる、映画『無頼』主題歌&予告編ナレーション決定!「我ながらいい声だなと思いました」

あわせて読みたい

Rooftopの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「泉谷しげる + ライブ」のおすすめ記事

「泉谷しげる + ライブ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「夏木マリ」のニュース

次に読みたい関連記事「夏木マリ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「郷ひろみ」のニュース

次に読みたい関連記事「郷ひろみ」のニュースをもっと見る

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月20日の音楽記事

キーワード一覧

  1. 泉谷しげる ライブ

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。