究極のピンクフロイド・トリビュート、ブリット・フロイドの初来日公演が開幕!

究極のピンクフロイド・トリビュート、ブリット・フロイドの初来日公演が開幕!
ピンク・フロイドのトリビュート・バンド、ブリット・フロイドの初来日公演が2月26日(水)に東京・中野サンプラザにて行われ集まった2000人のオーディエンスを沸かせた。 ブリット・フロイドはリーダーのダミアン・ダーリントンが2011年に英リヴァプールで結成したピンク・フロイドのトリビュート・バンド。ピンク・フロイドのサウンドのみならず照明や舞台演出までも完全に再現し、これまで世界各国で1000回以上も公演を行い200万人以上を動員している。 会場となった中野サンプラザは、かつて70~80年代にかけて洋楽ロックのコンサートが数多く開かれてきた場所。いわば往年のロックファンにとっての聖地。会場には元プログレ小僧が大挙して集結。時節柄、大半がマスク着用だが、これから始まる饗宴にワクワクしてる様子が伝わってくる。
究極のピンクフロイド・トリビュート、ブリット・フロイドの初来日公演が開幕!
ステージには、半円形の巨大なスクリーンが設置され、その中に置かれた円形のモニターに、2台のハンマーが交差した映像が映し出される。アルバム「ザ・ウォール」のMVに登場するキャラクターだ。初来日となった今回の公演は2019年に英国でスタートした「ザ・ウォール」40周年記念ワールド・ツアーの一環。ここからの5曲は同アルバムの冒頭5曲と同じ並び。1980年の「The Wall Performed Live」ワールドツアーのセットリストの再現だ。集まったオーディエンスもコアなピンク・フロイド・ファンゆえ、「アナザー・ブリック・イン・ザ・ウォール」などのイントロが奏でられた瞬間、大きな歓声が上がる。第1部の後半は1973年に発表された名盤「狂気/The Dark Side of the Moon」からの選曲。「タイム」「マネー」とおなじみの曲が次々に演奏され、アニマルズ収録の「シープ」で前半は終了。 ブリット・フロイドは、デヴィッド・ギルモア・パートを担うリーダーのダミアン・ダーリントン他、8名のバンド・メンバーで構成。ショウを支えるのは映像、照明と音響のスタッフ。彼らもブリット・フロイドの重要なメンバーで今回は総勢20名の大所帯で来日している。半円形と円を組み合わせたスクリーンには、「ザ・ウォール」コーナーではブリック(レンガ)が徐々に積まれていく映像や、MVに登場する花弁や巨大なロボット・クリーチャーや戦闘機等が映し出される。そこへムービングライトやレーザービームの照明群が交差し、目にも鮮やかなステージが構築。

あわせて読みたい

Rooftopの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「ビートルズ」のニュース

次に読みたい関連記事「ビートルズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「レッド・ツェッペリン」のニュース

次に読みたい関連記事「レッド・ツェッペリン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ザ・ビートルズ」のニュース

次に読みたい関連記事「ザ・ビートルズ」のニュースをもっと見る

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月27日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。