山崎育三郎、AERAの表紙に登場! 映像の世界に飛び込んだ理由や祖父母を一人で介護した壮絶な2年間についても告白。

山崎育三郎、AERAの表紙に登場! 映像の世界に飛び込んだ理由や祖父母を一人で介護した壮絶な2年間についても告白。
拡大する(全1枚)
山崎育三郎は日本を代表するミュージカル俳優。 19歳の時、 2万人とも言われる応募者の中から、 世界最年少でミュージカル「レ・ミゼラブル」のマリウス役を射止めたところからキャリアをスタートし、 現在はテレビドラマや映画にも出演。 歌手としても活躍している。 NHKの連続テレビ小説は、 ドラマの世界に挑戦すると決めたときから「目標にしていた」場所だが、 3月末にスタートする「エール」に主要キャストの一人として出演することが決まっている。 さらに4月には、 これまでは別の役で出演してきたミュージカル「エリザベート」に黄泉の帝王トート役で出演。 まさに運命のステージともいえる春が始まる。 3ページにわたるグラビア&インタビューでは、 ミュージカルへのあふれる想い、 テレビを中心とした映像の世界に飛び込んだ理由、 夢や目標を持つより目の前のことに打ち込みたいという自身の哲学などについて、 語っている。 コラム「表紙の人」では、 高校時代に祖父母を一人で介護した壮絶な2年間についても告白。 「僕は何にでもなりたいし、 何にでもなれると思っています」という言葉は、 その2年間で培われた精神の強さを感じさせる。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

山崎育三郎のプロフィールを見る
Rooftopの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「山崎育三郎」に関する記事

「山崎育三郎」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「山崎育三郎」の記事

次に読みたい「山崎育三郎」の記事をもっと見る

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク