世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット4」開催!国内外の有名企業35社、1400サークルが出展!

世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット4」開催!国内外の有名企業35社、1400サークルが出展!
2020年4月29日(水・祝)~5月10日(日)の 12日間、 バーチャルリアリティ(VR)空間上で行う世界最大級のイベント「バーチャルマーケット」の第4回を開催。 前回の「バーチャルマーケット3」(2019年9月開催)では、 世界中から延べ約71万人が参加し、 VR系イベントとしては世界最大級(※1)となった。 今回はさらに規模を拡大し、 41会場(VR空間上で訪れることができるさまざまなコンセプトのエリア)、 出展企業35社、 一般クリエイター1400サークルが出展予定です。 来場者は、 延べ100万人規模になると見込んでいる。

「バーチャルマーケット4」のテーマは『パラリアルワールド(並行現実世界)』

VR/AR技術の発展やIoT、 5G高速回線の実現により、 リアルと仮想現実空間がさらに融合し、 新しい生活スタイルが生まれつつある。 人々がいくつもの現実・仮想現実空間を行き来しながら生きていく社会、 「パラリアルワールド(並行現実世界)」が実現する日も遠くない。 VRゴーグルやPCを通じて体験できる「バーチャルマーケット4」は、 まさにこの「パラリアル」を一足早く体感できる空間。
世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット4」開催!国内外の有名企業35社、1400サークルが出展!

「バーチャルマーケット4」の内容について

「バーチャルマーケット4」の会場は、 「企業出展会場」と「一般クリエイター出展会場」の2つに大きく分けられる。 ・「企業出展会場」となる『パラリアルトーキョー』 ここには、 東京都のランドマークである『東京タワー』や『歌舞伎座』、 『東京スカイツリー』、 『東京駅舎』、 『秋葉原ラジオ会館』などを模した様々な建造物が存在し、 独創的に配置されている。 これらは、 すべて許可を得た上でデザインを行っており、 バーチャル空間上で極めてリアルな建物を眺めたり、 建物内に入って遊んだりすることが可能。 未来の都市の形「スマートシティ」(※2)をイメージしている。一方、 「一般クリエイター出展会場」は、 以下6つのイメージの会場が展開。

あわせて読みたい

Rooftopの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月6日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。