ニッポン放送特別番組『いま、音楽にできること』でエンタメ・音楽業界3団体のトップが熱く語った、コロナ終息後のエンタメの未来とは

ニッポン放送特別番組『いま、音楽にできること』でエンタメ・音楽業界3団体のトップが熱く語った、コロナ終息後のエンタメの未来とは

4月18日(土)にニッポン放送で特別番組『いま、音楽にできること』が放送された。

新型コロナウイルスで大きな影響を受けたエンタメ・音楽業界。この3時間の特番では、エンタメ・音楽業界の主要3団体のトップが今の現状について語り合ったほか、第一線で活躍するアーティストたちが、それぞれの立場から考える「いま、音楽にできること」を発信した。

ニッポン放送特別番組『いま、音楽にできること』でエンタメ・音楽業界3団体のトップが熱く語った、コロナ終息後のエンタメの未来とは

新型コロナウイルスの影響で、大型コンサートから小規模のライブハウスをはじめ、数多くのエンターテインメントに関わる分野が営業休止にせざるを得ない現状を受け、エンタメ・音楽業界を支える3つの団体から、一般社団法人日本音楽事業者協会会長・堀義貴氏(写真中央)、一般社団法人日本音楽制作者連盟理事長・野村達矢氏(写真左)、一般社団法人コンサートプロモーターズ協会会長・中西健夫氏(写真右)がスタジオに登場。番組は3人の鼎談で始まった。

新型コロナウイルスの自粛要請を受けて、堀氏は「ドラマの収録も止まって、バラエティも出演者を減らし、ロケもできない。ほとんどのタレントの仕事が減少している」とし、さらにスポーツとエンタメ業界合わせて3300億円の損失を受けていることを受け、野村氏は「一つの業界が吹っ飛んでいる数字」と語った。 また、「これだけ人の動きを止めている産業はない」と話した中西氏は、2月26日の政府からの自粛要請は大きなターニングポイントだったとし、「“不要不急”という言葉に我々のジャンルが入れられたことに傷ついたが、人の命に関わるため、延期はせざるを得ないと苦渋の選択だった。しかし、ここまで長引くとは思わなかった」

あわせて読みたい

Rooftopの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月19日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。