初谷むい『花は泡、そこにいたって会いたいよ』- たったの31音でどこまでも、どこまでも、飛んでいこう。 #とにかく癒されたいときのカルチャー

初谷むい『花は泡、そこにいたって会いたいよ』- たったの31音でどこまでも、どこまでも、飛んでいこう。 #とにかく癒されたいときのカルチャー
拡大する(全1枚)

たったの31音でどこまでも、どこまでも、飛んでいこう。

私は26歳のとき、体調不良で会社勤めを1か月休んだことがある。その時期に自発的に始めたのが、短歌を作ることだ。 短歌の(基本的な)ルールは31音であることだけ。季語も不要だ。鬱屈した自分の気持ちを〈創作すること〉で発散させたいけれど、小説や詩はだらだら書いちゃう、俳句の17音は短すぎる…と思っていた当時の私にはとても最適だと感じられた。 私にとって短歌は〈自分を取り戻すための癒しのツール〉だった。 ところで、皆さんは短歌でトリップできることをご存じだろうか。 トリップには「旅行」と「(麻薬などによる)幻覚状態」の2つの意味がある。どちらも別世界へ飛んでいくイメージだろう。驚くなかれ、短歌は健全かつ合法的に両方の意味でトリップできるのだ。 トリップに最適な歌集の1冊として、初谷むい『花は泡、そこにいたって会いたいよ』 (書肆侃侃房)を紹介したい。 カーテンがふくらむ二次性徴みたい あ 願えば春は永遠なのか カーテンのふくらみから幻想的な願いへと繋げた1首。二次性徴で丸みを帯びてくる自分(作者は女性)の肉体に重ねている感じもあり、若さに満ち溢れている。また、大人へと成長する現実と青春という名の幻の狭間の切なさも漂い、永遠に続く(人生の)春を願おうとする。定型の31音をわざと崩す、上句と下句の間に挿入された「あ」の気づきがまぶしい。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Rooftopの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク