大石規湖(映像作家)「ライブハウスを"祭り"じゃなく"日常"に── コロナ禍のライブ配信時代に果たす映像の力」

大石規湖(映像作家)「ライブハウスを"祭り"じゃなく"日常"に── コロナ禍のライブ配信時代に果たす映像の力」
拡大する(全2枚)

配信の仕事を通じて再認識したライブハウスの凄さ

──コロナ禍で配信ライブが増えましたよね。大石さんが撮影している配信ライブ、どれも凄く良くて。これはぜひ話を聞きたいって。

大石:ありがとうございます。

──配信という新しい伝え方を経験して、何か気持ちの変化はありました?

大石:変わってはないです。今までの延長上でやってるだけなので、配信だからといって特別なことをしてるわけではありません。その場のベストな瞬間を伝えるということでは、意識は全く変わっていません。唯一変わったといえば……、前より密にライブハウスの人と関わらせてもらっていることです。今までは「今日はよろしくお願いします」と挨拶程度の時間しかなかったのが、配信での撮影は、PAさんとの打ち合わせなどライブハウスの人と密に関わる。そこでわかったのは、ライブハウスの凄さです。配信というツールは変われど、アーティストの音楽を伝えるためにベストを尽くすということを、ライブハウスの人たちはし続けている、その凄さを目の当たりにしました。

──今までずっと熱量を持ってやってきたからこそやれるっていう。

大石:そうだと思います。ライブハウスではライブは日常的にあって、そのライブをスタッフの皆さんは凄い熱量でやってきた。配信はその日常があったからこそやれるんだし、困難な中であろうと、今までのライブハウスの役割としては変わらずやり続けていると感じました。


この記事の画像

「大石規湖(映像作家)「ライブハウスを"祭り"じゃなく"日常"に── コロナ禍のライブ配信時代に果たす映像の力」」の画像1 「大石規湖(映像作家)「ライブハウスを"祭り"じゃなく"日常"に── コロナ禍のライブ配信時代に果たす映像の力」」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Rooftopの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク