SING LIKE TALKING、無観客配信ライブ<Day2>、来春のツアーを匂わせる予告も登場!

SING LIKE TALKING、無観客配信ライブ<Day2>、来春のツアーを匂わせる予告も登場!
SING LIKE TALKING、無観客配信ライブ<Day2>、来春のツアーを匂わせる予告も登場!
9月5日、SING LIKE TALKINGが、デビュー32年のキャリアで初となる無観客配信ライブ『SING LIKE TALKING AP2020 Deliver You<Day2>』を開催した。タイトルに<Day2>とあるが、ちょうど1週間前の8月29日に<Day1>を中野サンプラザから配信。SING LIKE TALKINGの3人プラス、彼らと縁の深い5人の実力派ミュージシャンというバンド編成は同じだが、会場を都内の羽田スタジオに変え、セットリストも大幅に変更し、前回同様、終演後のアーカイブ公開はなし。この設定からして、メンバーが日ごとに違う演奏を楽しめる通常のツアーと同等のテンションで今回のライブに臨んだことが伺える。 その<Day1>でも見せた、無観客だからこそ可能な「ミュージシャン同士が向かい合って演奏する」スタイルを<Day2>でも採用。互いの顔を見つつ、演奏を肌で感じながら、ミュージシャンたちのプレイの鼓動と共鳴が唯一無二のバンドサウンドへと深化させていく――。それこそがSING LIKE TALKINGの音楽の肝であり、彼らのライブはそのサウンド構造がリアルに伝わる場であることを、ファンの方ならよくご存じのはず。そのファンですら「実はこんな表情で、こういうプレイをしていたのか!」と再確認できる細かいカメラワークが、<Day2>でも全編通して楽しめた。自宅にいながら、一流ミュージシャンが織りなす豊潤な音楽を、あたかも目の前で体感できるような“Live”。そんな無観客配信ライブならではの価値を我々に提示したこの贅沢な映像は、<Day2>の夜も、『眩暈~Don’t Blame It On The Summertime』で鮮やかにスタートした。オリジナルアルバム未収録曲ではあるが(2013年のライブDVD『Amusement Pocket 25/50』に同梱の新曲CDとして発表)、過ぎ去りし夏の出来事に憶(おも)いを馳せる歌詞を踏まえれば、この日の幕開けにふさわしいと納得のオープニングナンバー。ファンキーな

当時の記事を読む

Rooftopの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年9月7日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。