私は職業柄、様々なたとえを使う機会がある。たとえの多くは普遍的なものもあるが、逆に賞味期限があるものも存在する。

しかし50年生きてくるとそれに気づかず使ってしまうことがある。古いものほど強烈に覚えていたり、何十年も前のことを最近のことだと錯覚してしまったりと様々なバグが起こってしまうからだ。

そのバグを利用して裏技として利用することもあるのだが、そうでないときのほうが多い。古いたとえを使ってしまうこともそのひとつだ。

「○○のようだ」

「○○って何ですか?」

 そんな事態が起こりまくる。

そこで今回は、もう使ってはいけないたとえを50個紹介する。

これらのたとえはもう通じなくなっていることをしっかりと認識し、絶対に使わないようにしていただきたい。

もう使ってはいけないたとえ50

①楠瀬誠志郎のようにほっとけない

②小比類巻貴之のようにストイック

③なべやかんのように入れ替わる

④海老名美どりがミステリー作家になるような転身

⑤桜庭あつ子が格闘家になるような転身

⑥花田虎上がアメフトをやるような挑戦

⑦貴乃花のように洗脳される

⑧宮沢りえのように痩せる

田原俊彦のようにビッグ

⑩生方アナウンサーのように言い間違える

若人あきらのように失踪する

⑫長嶋茂雄に名前を呼ばれたカール・ルイスのように振り向かない

⑬谷口浩美の靴のように脱げる

⑭中原名人のように突入する

⑮一杯のかけそばのようにブームになる