Z世代の落語家・桂枝之進率いる落語クリエイティブチームZ落語が「"YOSE"#01 by Z落語-東京」開催!

Z世代の落語家・桂枝之進率いる落語クリエイティブチームZ落語が「"YOSE"#01 by Z落語-東京」開催!
拡大する(全3枚)
パナソニック、 ロフトワーク、 カフェ・カンパニーが運営する100年先を豊かにするための実験区・100BANCHで2020年11月より活動をスタートした落語クリエイティブチーム「Z落語」は、 日本の伝統芸能である落語を、 1990年代中盤~2000年代以降に生まれた世代「Z世代」の視点で再定義し、 Z世代が持つ多様なアイデンティティの中にひとつまみの上質な文化を提供することをテーマに掲げ活動している。 このたび、 落語の伝統的な寄席文化を現代に再定義し、 舞台の書をネオンアートに、 鳴り物をDJブースに、 モクテルバーやオリジナルショップを併設した伝統と未来がコネクトする実験的イベント「"YOSE"#01 by Z落語-東京」の開催が12月19日(土)・20日(日)に決定。 落語の舞台に加えてZ世代のクリエイターが集まり、 DJブースやモクテルバー、 オリジナルのアパレルショップなどを併設した新しい寄席の形を展開、 2020年渋谷の街で落語を起点とした新たなコミュニケーションが生まれる空間としてデザインする。
Z世代の落語家・桂枝之進率いる落語クリエイティブチームZ落語が「"YOSE"#01 by Z落語-東京」開催!
Z落語は、 Z世代の視点で落語を再定義、 発信するクリエイティブチーム。 落語家の桂枝之進が主宰しており、 デザイナー、 カメラマン、 プロダクトデザイナーがチームを組み活動している。 これまで5Gを使ったライブ配信型落語会の実証実験や、 3Dプリンターを使った扇子の開発、 インスタARフィルターのリリースなど、 世代観に根差したクリエイティブで様々な企画に取り組んできた。 "YOSE"#01 by Z落語-東京では、 昔各町内で集会所のような役割を担っていた寄席小屋を再構築し、 2020年渋谷の街で落語を起点とした新たなコミュニケーションが生まれる空間としてデザイン。次世代ヒットチューンをMixしたDJブースや、 飲む人が色を変えられる体験型のモクテルバー、 シルクスクリーン印刷でデジタルにはない”味”を出したオリジナルアパレルショップなど、 世代観に根差した多様なバックボーンを取り入れ、 寄席へのイメージを大きく変えていく。
Z世代の落語家・桂枝之進率いる落語クリエイティブチームZ落語が「"YOSE"#01 by Z落語-東京」開催!

この記事の画像

「Z世代の落語家・桂枝之進率いる落語クリエイティブチームZ落語が「"YOSE"#01 by Z落語-東京」開催!」の画像1 「Z世代の落語家・桂枝之進率いる落語クリエイティブチームZ落語が「"YOSE"#01 by Z落語-東京」開催!」の画像2 「Z世代の落語家・桂枝之進率いる落語クリエイティブチームZ落語が「"YOSE"#01 by Z落語-東京」開催!」の画像3
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Rooftopの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク