有安杏果「みんなもしんどかったよね」ライブ開催が困難な中で吐露した想い!

有安杏果「みんなもしんどかったよね」ライブ開催が困難な中で吐露した想い!
拡大する(全6枚)

有安杏果「みんなもしんどかったよね」ライブ開催が困難な中...の画像はこちら >>

11月12日、東京・LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)にて、「有安杏果 サクライブ2020」が開催された。この公演は、3月に全国ツアーとして行う予定だったが新型コロナウイルスの感染拡大によって延期に、さらに振替公演も中止となったもの。キャパシティを制限し感染予防・拡散防止対策を行った上で本公演を実施、配信を通して全国へ届けられた。本記事では、現場で目撃した内容をお届けする。 開演時刻となると、バンドメンバーである福原将宜(Gt)、宮崎裕介(Pf)、川崎哲平(Ba)、波田野哲也(Dr)が先にステージに登場。4人が音を鳴らし始める中、有安杏果が笑顔で姿を現す。ステージ中央まで行くと、両手を胸に当てて会場を見つめ、その両腕を大きく広げて「ようこそ」という気持ちを示しつつ、感極まった様子も見せていた。3月のツアーで届けるために完成させてリリースした“サクラトーン”、7月にリリースした“Runaway”と初っ端から立て続けに新曲を届けたあと、「夢みたいだね! まだ信じられない自分がいます。本当にお待たせしました、『サクライブ2020』へようこそ! 本当に久しぶりだね」とようやくライブができることへの喜びを露わにし、会場からは待ってましたと言わんばかりの長い拍手が響き渡る。客席にいる人たちはマスクを着用、声を出すことも規制されていて合唱やコール&レスポンス等ができない状況である中、「声出せないのはしんどいよね。しんどいと思うけど、みんなの想いをしっかり受け取るつもりです」と語りかけた。

この記事の画像

「有安杏果「みんなもしんどかったよね」ライブ開催が困難な中で吐露した想い!」の画像1 「有安杏果「みんなもしんどかったよね」ライブ開催が困難な中で吐露した想い!」の画像2 「有安杏果「みんなもしんどかったよね」ライブ開催が困難な中で吐露した想い!」の画像3 「有安杏果「みんなもしんどかったよね」ライブ開催が困難な中で吐露した想い!」の画像4
「有安杏果「みんなもしんどかったよね」ライブ開催が困難な中で吐露した想い!」の画像5 「有安杏果「みんなもしんどかったよね」ライブ開催が困難な中で吐露した想い!」の画像6

当時の記事を読む

Rooftopの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月14日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。