『暮しの手帖』花森安治の著作集いよいよ完結! 「ぼくらは二度とだまされない」発売!

『暮しの手帖』花森安治の著作集いよいよ完結! 「ぼくらは二度とだまされない」発売!
       
暮しの手帖社は、 『花森安治選集』の完結巻となる第3巻を、 11月下旬に刊行する。 第3巻には雑誌『暮しの手帖』の初代編集長である花森安治が、 1960年から没年となる1978年に書き残した文章を収録。その筆は、 高度経済成長を迎えたこの時期、 いっそう鋭くなった。二度と戦争を起こさない世の中にするために。 「だまされない人たちをふやしていく」ために。 花森は『暮しの手帖』誌上で、 ユーモアを交えつつ、 誰にでもわかりやすい文章で、 今起きている危機をつまびらかにした。 また花森は「ジャーナリストにとっては、 なにを言ったかということの外に、 そのことを〈いつ〉言ったか、 ということが、 大きな意味をもつ」とも述べている。
『暮しの手帖』花森安治の著作集いよいよ完結! 「ぼくらは二度とだまされない」発売!
花森安治 著 装画・カット:花森安治 装釘:佐々木暁 敗戦から時がたち、 東京オリンピックや大阪万博といった華やかな話題のうらで、 政治腐敗や利益至上主義による公害などの問題がつぎつぎ明らかになった当時。 国によって壊された「暮し」や「民主主義」を自分たちの手で取り戻そうと、 一本のペンを武器に、 国や大企業におもねることなく真っ向から対峙した。 「運動会がすんだら博覧会」、 「国をまもるということ」、 「武器をすてよう」……。 今まさにオリンピックに揺れ、 税金などの問題を抱える私たち。 その助けとなるような力強い言葉が数多く収録されている。 ぜひこの機会に、 みなさまにお読みいただきたい一冊。 本書の解説は『花森安治伝-日本の暮しを変えた男』(2013年・新潮社)の著者であり、 今年2月に『最後の読書』(新潮社)で読売文学賞(随筆・紀行賞)を受賞した、 津野海太郎の執筆。そして黒柳徹子が帯文を寄稿。

当時の記事を読む

Rooftopの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月27日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。