第6回「1993年12月18日 A TOURIST GUIDE TO COCOBAT」

第6回「1993年12月18日 A TOURIST GUIDE TO COCOBAT」
拡大する(全4枚)

レコード&昭和プロレス愛好家のゴベと申します。

前回のGARLIC BOYSとGUMBOILのダブルレコ発から2日後にロフトを再訪。前々回のSUPER JUNKY MONKEYを観たシェルターのイベントや他店を含めると、12月は10回ほどライブを観に行ってます。よっぽど暇だったんでしょうね。

第6回「1993年12月18日 A TOURIST GUID...の画像はこちら >>

DOOMとCOCOBATのスプリット7インチをリリースしたH.G. Factの企画イベントで、HALF LIFE、URBAN TERROR、そしてCOCOBATが出演。

8月にトイズファクトリーから2nd.アルバム『STRUGGLE OF APHRODITE』をリリースしてメジャーデビューを果たしたCOCOBATの人気はうなぎ登りで、ライブは軒並みソールドアウト。

アルバムを出した直後にドラマーのMATSUZAKIさんが脱退するも、元DISMAYのHIROSHIを加えて活動を続けたCOCOBATの勢いは止まりませんでした。

そんな絶頂期に、SUZUKIさんと加入したばかりのHIROSHIが脱退することが発表されたのです。彼等がCOCOBATでプレイするのは、この日が最後でした。

COCOBATが登場する直前に、これから行われるライブを撮影してビデオ化することがアナウンスされたこともあって、1曲目からラストまでステージダイブの雨あられ。もちろん、今どきの若者達がダイブと呼んでるクラウドサーフじゃなくて、文字通りのステージダイブです(クラウドサーフとダイブは別物だから)。ひっきりなしにステージに上りまくる観客達にキレたヴォーカリストのRYUJIさんが、客に回し蹴りを食らわせてましたからね。ちなみに、最初に蹴られたのは私です。


この記事の画像

「第6回「1993年12月18日 A TOURIST GUIDE TO COCOBAT」」の画像1 「第6回「1993年12月18日 A TOURIST GUIDE TO COCOBAT」」の画像2 「第6回「1993年12月18日 A TOURIST GUIDE TO COCOBAT」」の画像3 「第6回「1993年12月18日 A TOURIST GUIDE TO COCOBAT」」の画像4
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Rooftopの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク