「銀河鉄道999 シネマ・コンサート」の場内影アナをメーテルが担当!

「銀河鉄道999 シネマ・コンサート」の場内影アナをメーテルが担当!
2月6日(土)に東京、11日(祝・木)に大阪で開催される「劇場版 銀河鉄道999」シネマ・コンサートの会場内で流れる場内アナウンスをメーテル役の声優、池田昌子が担当することがわかった。この影アナが聴けるのはコンサート会場のみ。メーテルの声が場内に流れるのを耳にするだけで、銀河超特急999号に乗車してる感覚になるのは必至。 場内アナウンスの収録は年明け早々、都内のスタジオで行われた。収録の合間を縫って、メーテル役の声優・池田昌子に「銀河鉄道999」の想いをうかがった。有限の命の尊さを知るに至る主人公の星野鉄郎をはじめ、登場するキャラクターたちは粒ぞろい。中でも物語の鍵を握る謎の美女メーテルは、永遠の女性像としても立ち現れてくる。 池田は「今もなお、彼女とともに生きている感覚です」と当時を思い起こす。「自分の分身、私の一部。我が子、我が親という肉親に近い存在ですね」。メーテルについて、池田はそう話す。「何十年も経っているのに、当時と同じ温度感で今も一緒にいる。もちろん、近くには鉄郎もいるイメージです」。鉄郎役の声優、野沢雅子が「メーテル!」と発したら、何の違和感もなく即座に、メーテルとして「鉄郎ちゃん」と応えてしまうくらい。「セリフも作られたものとは思えなかった。鉄郎が隣にいると思うと、自然に口をついてくるようでした」 メーテルは母性をまとい、長いまつげに憂いをたたえて、それでも毅然とした姿も見せる。「永遠の命を得た機械化人」と「限りある命の人間」の間でアイデンティティが揺れ動くような謎めいた存在だ。原作者の松本零士が創造したこの美女は、池田の唯一無二の声で命を吹き込まれ、松本も池田の声を感じながら制作を進めたとも言われている。 池田は、メーテルを「自分との境目がない」ほど身近な存在と思う半面、演じるのは困難だったと振り返りる。

当時の記事を読む

Rooftopの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月22日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。