映画『あの頃。』ウソみたいな"あの頃。"は実話に忠実だった!

映画『あの頃。』ウソみたいな"あの頃。"は実話に忠実だった!
拡大する(全4枚)
映画『あの頃。』が、TOHOシネマズ 日比谷ほかにて全国公開中。 本作はハロー!プロジェクトへの熱い愛と、大切な仲間たちとの出会いと別れを描いた、神聖かまってちゃんの元マネージャー・劔樹人による自伝的青春コミックエッセイ「あの頃。男子かしまし物語」(イースト・プレス刊)が原作。登場人物名など一部変更点はあるものの、描かれている物語やキャラクター設定など細かい部分まで、実話を忠実に再現している。 原作を読んだ松坂桃李らキャストたちは、描かれているエピソードがあまりにも現実離れしていることから「本当にこれは全部実話なのか?」と半信半疑に思ったそう。登場するキャラクターたちも個性が強過ぎる面々であるが、全員実在した人物であり、劔とともに当時“推し”に熱中し、「中学10年生」のような青春の日々を過ごしている。
映画『あの頃。』ウソみたいな"あの頃。"は実話に忠実だった!
今回の撮影中、劔をはじめとした実際の恋愛研究会。メンバーは頻繁に撮影現場に参加。また、それぞれ個人で所有しているハロー!プロジェクトのグッズ提供や、台詞監修などで俳優部の役作りにも一役買っていたという。劔による松坂桃李へのベース演奏指導に加え、劇中で若葉竜也が踊る「ザ☆ピ~ス!」のダンスも、モデルとなった西野本人とともに練習をするなど、現場に溶け込み作品を作り上げていった。 現場に溶け込みすぎた結果、俳優部の休憩スペースを占拠したり、エキストラに混じって出演するなど、キャストたちも思わずビックリ!という、“濃すぎるキャラクター”を印象づけたエピソードも。モデルとなった本人たちは、完成した映画を観て、そのクオリティの高さに感動し“豪華な再現映像“と称したほどであったという。 「今が一番楽しいです、でも時々思い出します。みんなと過ごしたあの頃を。」という劇中の印象的な台詞の通り、“推し”を通じて出会った大切な仲間達と過ごした日々を振り返り、「笑って泣いた」という感想が多く上がっている本作。世代や性別を問わず幅広い層の胸に響いている映画『あの頃。』に、是非ご注目を。

本人画像

映画『あの頃。』ウソみたいな"あの頃。"は実話に忠実だった!
映画『あの頃。』ウソみたいな"あの頃。"は実話に忠実だった!

この記事の画像

「映画『あの頃。』ウソみたいな"あの頃。"は実話に忠実だった!」の画像1 「映画『あの頃。』ウソみたいな"あの頃。"は実話に忠実だった!」の画像2 「映画『あの頃。』ウソみたいな"あの頃。"は実話に忠実だった!」の画像3 「映画『あの頃。』ウソみたいな"あの頃。"は実話に忠実だった!」の画像4
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Rooftopの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「神聖かまってちゃん」に関する記事

「神聖かまってちゃん」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「神聖かまってちゃん」の記事

次に読みたい「神聖かまってちゃん」の記事をもっと見る

ニュースランキング

ランキングをもっと見る
お買いものリンク