その圧倒的な歌唱力と表現力から“歌怪獣”とも称される歌手の島津亜矢が、オンデマンドによる配信ライブ『歌怪獣 半世紀生誕祭ライブ』の収録を行ない、デビュー35周年と、3月28日の誕生日で自身の生誕半世紀を迎えるお祝いに、親交のある美容家でタレントのIKKOが駆け付けた。 1998年から10年近く島津のヘアメイクを担当していたIKKOは、「連絡は取っていたのですが、こうやってお会いするのは16年ぶりぐらいです。
テレビで活躍されているのは拝見していましたが、久しぶりに地響きがするような生の歌声を聴かせていただきました。歌怪獣と言われていますが、もはや神です! 島津亜矢どんだけ~!」
と、久しぶりの再会に声を弾ませた。

歌怪獣こと島津亜矢の"生誕半世紀"を記念したライブ収録にIK...の画像はこちら >>

この日、マスコミ向けに披露されたイベントでは「THIS IS ME」(Keala Settle)と、「誕生」(中島みゆき)の2曲が披露されたが、ここ10年近く島津亜矢が取り組んでいるのが、演歌を歌わずにポップスや洋楽を歌うカヴァー企画『SINGER』シリーズのリリースやコンサートの開催で、今回7作目となる最新作『SINGER7』が島津自身の誕生日である3月28日に発売される。 今回アルバムに収録される楽曲は、テレビでの歌唱で大きな反響となったKing Gnuの「白日」や、Official髭男dismの「Pretender」をはじめ、「GIFT」(Mr.Children)、「歌うたいのバラッド」(斉藤和義)、「全力少年」(スキマスイッチ)、「Hero」(安室奈美恵)、「ひまわりの約束」(秦基博)や、初めてラップに挑戦したGreeeeNの「キセキ」、さらには「To Love You More」(Celine Dion)といった洋楽曲など全15曲が収録され、この日収録されたライブ『歌怪獣 半世紀生誕祭ライブ』の模様は、アルバム発売日であり自身の50回目の誕生日でもある3月28日の16時からオンデマンド配信される。 “歌怪獣”と称される島津に「IKKOさんは何怪獣ですか?」という記者からの質問に対し、「IKKOさんは気配り怪獣ですね(笑)。メイクをしていただいている時でも、背中に目が付いているんじゃないかというぐらいいろいろなことに気を使われていたのを覚えていますし、そういった気配りとに対する姿勢をIKKOさんから学びました」と、コメント。
デビュー35周年と、生誕半世紀という節目に対しては「演歌ではない曲にチャレンジさせていただく機会も多くなりましたが、IKKOさんのように真摯に向き合う姿勢を忘れずに、いろいろなことに挑戦していきたいと思います」と抱負を語った。