新川先生は言葉遣いが独特だなと思いました。

――アニメ化のお話はいつごろあったのですか。

宅野:2018年の年末にはお話があって、2019年にはシナリオの打ち合わせをしていたので、『寄宿学校のジュリエット』が終わる前にはお話を頂いていましたね。

――そのころには、新川(直司)先生から原作が完結するというお話は聞いていたのですか。

宅野:最初にお話をさせていただいた時に、原作が近く完結するという事は新川先生がおっしゃっていました。

――原作完結も見据えた上でアニメ化が進んでいった形なんですね。

宅野:そうですね。私たちや編集部の方たちも、みなさんもっと先を見たいという思いはあったのですが、新川先生の中では、あそこで終わることを想定して描かれていたということなので、そのお気持ちを尊重した形になると伺いました。

――宅野(誠起)監督にとって初めてのスポーツモノになりますが、監督のお話を頂いた時のお気持ちはいかがでしたか。

宅野:今までラブコメをメインでやってきたこともあって、新しいことに挑戦したいという欲望が自分の中に生まれつつありました。そのタイミングでお話をいただいた形です。新ジャンルに挑戦できることの嬉しさを感じていました。

――『さよなら私のクラマー』(以下、『クラマー』)を読んだ時の感想を伺えますか。

宅野:じつは、最初に読んだのは『さよならフットボール』(以下、『フットボール』)なんです。