大江千里、エッセイ『マンハッタンに陽はまた昇る 60歳から始まる青春グラフィティ』書籍化!

大江千里、エッセイ『マンハッタンに陽はまた昇る 60歳から始まる青春グラフィティ』書籍化!
拡大する(全1枚)

大江千里、エッセイ『マンハッタンに陽はまた昇る 60歳から始...の画像はこちら >>

メディアプラットフォームnoteで、シンガーソングライター・大江千里が連載したエッセイ「senri garden ブルックリンでジャズを耕す」が『マンハッタンに陽はまた昇る 60歳から始まる青春グラフィティ』として、KADOKAWAから3月31日(水)に発売される。 本書はnoteの記事に加え、「ニューズウィーク 日本版」の連載コラムに加筆修正して構成。大江のnoteは2018年にも『ブルックリンでジャズを耕す 52歳から始めるひとりビジネス』として書籍化されている。 47歳で日本でのポップミュージシャンとしてのキャリアを一切合切すて、愛犬「ぴ」と渡米しJAZZ専門大学ニュースクールに留学。大学卒業と同時に52歳でNYで起業したミュージシャン兼CEOの大江千里。2018年ポップス時代の楽曲を新しくジャズアレンジしたアルバム 『Boys&Girls』を、そして2019年には満を持してジャズトリオ(アリ・ホーニグ、マット・クロージー参加)でのアルバム『Hmmm』をリリース。 才能ある音楽仲間と出会い、ビジネスでも力強いサポーターを得て、音楽家として社長として精力的に活動を続けていた。そんな2020年、世界中をパンデミックが襲う。2月、ジャパンツアーを切り上げて緊急帰国するが音楽活動そのものが中止や転換を余儀なくされた。 60歳の誕生日、PCR検査、音楽ライブ配信、ワクチン接種、そして引越し…。世界が大転換期を迎える中、新しいジャズは生まれる。大江千里が「ウィズコロナ」にトライする日々をリアルに綴った1冊だ。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Rooftopの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク