『ベース・マガジン』2021年5月号(Spring)の表紙にSuspended 4thのフクダヒロムが抜擢!
拡大する(全1枚)

『ベース・マガジン』2021年5月号(Spring)の表紙に...の画像はこちら >>

4月19日(月)発売の『ベース・マガジン』2021年5月号(Spring)の表紙に、Suspended 4thのフクダヒロムが初登場することが分かった。 世代を超えた“スラッパーズ・ミーティング”として、鳴瀬喜博(カシオペア・サード)との対談が実現している。内容は以下の通り。

Special Program / SLAP THE WORLD(90ページ)

“縁の下の力持ち”とも言われるベースですが、見た目的にもサウンド的にも派手な印象を与えるスラップ奏法はベースの花形とも言える奏法であり、スラップ奏法に憧れてベースを手に取る人もいます。そんなスラップ奏法ですが、もちろん、その具体的な演奏方法や楽曲での使い方は十人十色であります。今回の企画では、そんなスラップ奏法について、スラッパー同士による対談、海外ベーシストの奏法分析や国内ベーシストによるセミナー、アンケートなどを通して、プロ・ベーシストがどんな思考回路で、どんな機材を使い、どのような演奏スタイルでスラップ・ベースをプレイしているかを明らかにします。 【CONTENTS】 ◎スラッパーズ・ミーティング  鳴瀬喜博&フクダヒロム(Suspended 4th)/日野“JINO”賢二&KenKen/かわいしのぶ&上ちゃん(マキシマム ザ ホルモン◎スラッパーズ・ヒストリー~常識をぶっ叩いた猛者たち