堂珍嘉邦、昨年行なわれた無観客ワンマンライブ配信『Now What Can I see ? ~Drunk Garden~』が待望の映像リリース決定!

堂珍嘉邦、昨年行なわれた無観客ワンマンライブ配信『Now What Can I see ? ~Drunk Garden~』が待望の映像リリース決定!
拡大する(全2枚)

堂珍嘉邦、昨年行なわれた無観客ワンマンライブ配信『Now W...の画像はこちら >>

4年振りのCDシングル『愛の待ちぼうけ / My Angel』をリリースしたばかりの堂珍嘉邦。 昨年、コロナ禍のなか自身のバースデイワンマンライブとして配信された『Now What Can I see ? ~Drunk Garden~』のDVD映像作品化が決定した。CHEMISTRY再始動後、初のフル編成によるライブということもあり、ファンからも作品化を待望されていた。
選曲も多岐に渡り、厳選したソロナンバーに加え、敬愛するアーティストFishmansの「いかれたBABY」、Skoop On Somebodyの「Nice'n Slow」の2曲をカバー。そして新曲「愛の待ちぼうけ」「My Angel」をいち早く収録。 特筆すべきはCHEMISTRYとしてのソロナンバー「ALL MY LOVE」「Believe」「悲しみシャワー」を収録。リアレンジにより歌詞とメロディがエモーショナルに響く楽曲へ昇華させている。 今作は映像の完成度も高く、作品化用に音源のMIXを渡辺省二郎が担当。その音像の素晴らしさから、さらにCD化も実現。2022年、ソロ10周年に向かう堂珍嘉邦の“現在地”を、ぜひ手に取って堪能していただきたい。

堂珍嘉邦、昨年行なわれた無観客ワンマンライブ配信『Now What Can I see ? ~Drunk Garden~』が待望の映像リリース決定!

そして、初演からすでに10回出演、好評を博している『LIVE in the DARK』への出演が新たに決定。 『LIVE in the DARK tour w/堂珍嘉邦』と題し、福岡、東京にて開催(計7公演)。七夕というタイミング、堂珍嘉邦の歌と『LIVE in the DARK』の世界をぜひプラネタリウムで楽しんでいただきたい。

この記事の画像

「堂珍嘉邦、昨年行なわれた無観客ワンマンライブ配信『Now What Can I see ? ~Drunk Garden~』が待望の映像リリース決定!」の画像1 「堂珍嘉邦、昨年行なわれた無観客ワンマンライブ配信『Now What Can I see ? ~Drunk Garden~』が待望の映像リリース決定!」の画像2

当時の記事を読む

堂珍嘉邦のプロフィールを見る
Rooftopの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「堂珍嘉邦」に関する記事

「堂珍嘉邦」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「堂珍嘉邦」の記事

次に読みたい「堂珍嘉邦」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年4月10日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。