TBSは全米ケーブル局「G4」との間で、 スポーツエンターテインメント番組『SASUKE』のアメリカリメイク版などのライセンス契約で合意をした。 これにより、 『SASUKE』と『筋肉番付』(2002年までTBSで放送)のアメリカリメイク版が世界配信されることになる。
このたび、 ライセンス契約が締結されたのは、 米版『SASUKE』(現地タイトル:『Ninja Warrior』)、 米版『筋肉番付』(現地タイトル:『Unbeatable Banzuke』)と、 インドネシア・タイ版の『風雲!たけし城』の3番組。 G4のケーブルチャンネルで全米放送されるほか、 『SASUKE』『筋肉番付』の2番組については、 G4のインターネットチャンネルにおいて、 世界(一部地域をのぞく)配信される予定。 ライブ配信中は、 G4がキャスティングするナビゲーターが視聴者コメントを随時受け付け、 ゲーム実況さながらの臨場感をめざす。 今回の合意を受け、 TBSメディアビジネス局・安倍純子局長は「アメリカをはじめ各国で放送されている『SASUKE』ですが、 まだ見たことのない世代の人たちに『SASUKE』の魅力に触れ、 新たな体験をしていただく大きなきっかけとなり楽しみです」とコメントしている。 G4は2002年に開局した全米ケーブル局で、 ゲーマーの若い男性がメイン視聴者層。 米版『SASUKE』は『Ninja Warrior』のタイトルで2006年に深夜で放送を開始。
早々から人気に火が付き、 平日ゴールデンの帯番組に進出するなど、 局の看板番組に成長した。 G4は2014年に閉局したが、 ゲーマー人口が世界で増え続ける中、 今年7月に復活することが発表されている。 G4のブライアン・テゥィリガー本部長(編成・戦略担当)は、 「何千もの復活をのぞむ声がG4にこれまで寄せられるなど、 『Ninja Warrior』は地球上で一番熱いファンをもつ番組です。 ファンの意志の強さや実行力たるや、 番組内の真剣勝負と匹敵するほどです」と話している。