高橋幸宏と細野晴臣によるエレクトロニカ・ユニット=SKETCH SHOW、アルバム3作品が待望のアナログ化!
拡大する(全3枚)
SKETCH SHOWが過去に発売したアルバム3作品が、7月21日にアナログ12inchでリリースされる。 高橋幸宏細野晴臣の2人によるエレクトロニカユニット、SKETCH SHOW。 2002年に1stアルバム『audio sponge』をリリースする際は、YMOの2人による新プロジェクトであること、しかも坂本龍一がゲスト参加することなどを含めて、音楽ファンたちを大いに湧かせた。2人のSKETCH SHOWとしての活動は2005年頃までに留まるが、2002年から2003年にかけて『audio sponge』『tronika』『LOOPHOLE』とアルバムを次々に発表したほか、「WIRE02」「sonar 2003」「CYBERSONICA'03」「SUMMER SONIC 2004」など、国内外の多数の音楽フェスティバルに出演。さらに坂本龍一をメンバーに加えYMOメンバーが勢ぞろいしたHuman Audio Sponge(HAS)やその変名ユニットのHASYMO、2008年のYELLOW MAGIC ORCHESTRA名義でのヨーロッパツアーなど、2人の後の音楽活動の大きなきっかけとなった。 今回アナログ化が実現したのは、上記の『audio sponge』『tronika』『LOOPHOLE』の3作品。それぞれアナログ12inchで、曲数の多い『audio sponge』と『LOOPHOLE』は音質面にこだわり、2枚組でのリリースとなる。 各作品のトピックに触れていくと、『audio sponge』は12曲入りで、『Wonderful To Me』『Supreme Secret』に坂本龍一が、『Turn Turn』『Return』にTOWA TEIが参加。また細野が作曲したスネークマンショー『咲坂と桃内のごきげんいかが1・2・3』、The Cyrkleの『Turn Down Day』、フランス映画『セシルの歓び』の挿入歌『Do You Want To Marry Me』など、2人のセンスを存分に感じさせるカバーも聴きどころだ。 『audio sponge』がカラフルなエレクトロニカ作だとすれば、続く『tronika』は、北欧のフォークトロニカからの影響がより強まった作品に。生楽器と電子音が絶妙に溶け合う、温かみを感じさせる世界観が魅力だ。なお、収録9曲のうち2曲は

この記事の画像

「高橋幸宏と細野晴臣によるエレクトロニカ・ユニット=SKETCH SHOW、アルバム3作品が待望のアナログ化!」の画像1 「高橋幸宏と細野晴臣によるエレクトロニカ・ユニット=SKETCH SHOW、アルバム3作品が待望のアナログ化!」の画像2 「高橋幸宏と細野晴臣によるエレクトロニカ・ユニット=SKETCH SHOW、アルバム3作品が待望のアナログ化!」の画像3