辰巳雄大(ふぉ〜ゆ〜)×浜中文一、"宿命の激突、再び! "舞台「スマホを落としただけなのに」開幕!

辰巳雄大(ふぉ〜ゆ〜)×浜中文一、"宿命の激突、再び! "舞台「スマホを落としただけなのに」開幕!
拡大する(全4枚)

辰巳雄大(ふぉ〜ゆ〜)×浜中文一、"宿命の激突、再び! "舞...の画像はこちら >>

舞台『スマホを落としただけなのに』が2021年6月9日(水)、日本青年館ホールで開幕した。 志駕晃が手掛けた同名の人気ミステリー小説を原作として、昨年初めて舞台化されたが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、公演が途中で中止に。再演を心待ちにしている観客の声に応え、およそ1年3ヶ月の時を経て、今回、初演キャストそのままに“アンコール”上演されている。 舞台は警察の取調室。若く美しい黒髪の女性5人を残忍な方法で殺害し、その遺体を山中に埋めるという猟奇的事件の容疑者・浦野善治(浜中文一)の取り調べが行われている。ベテラン刑事の後藤武史(原田龍二)の厳しい追及にも、浦野は、飄々とした態度で、自らを刑務所番号にかけて「ハチバン」と名乗るなど、本名すら明かそうとしない。
辰巳雄大(ふぉ〜ゆ〜)×浜中文一、"宿命の激突、再び! "舞台「スマホを落としただけなのに」開幕!
そんな中、警察に転職したばかりで、サイバー犯罪に強い若手刑事・加賀谷学(辰巳雄大)は、浦野が不正ハッキングに使用していたスマホの解析に成功。その被害者とみられるサラリーマンの富田誠(佐藤永典)に聴取を行うと、スマホを落としたことをきっかけに、さまざまな被害に遭っていたこと、そして、富田の恋人・稲葉麻美(早川聖来)が浦野のターゲットになっていたことを突き止めてーー。 今や生活必需品と言っても過言ではないスマホ。そのスマホを運悪く落としてしまったことで、あらゆる個人情報や秘密が暴かれ、犯罪に巻き込まれていくという、現代版ホラーと言えるだろう。ただ、本作は、単なるホラーに留まらず、事件に関わる人々の背景や心理状況を描くことで、「デジタル信号化のできない情けとか絆とか愛とか、それらが如何に愛おしく尊いものかというメッセージ」(脚本・演出の横内謙介)が込められている。 加賀谷学役を演じる辰巳は、警察に転職してきたばかりという設定などから、冒頭から少し「異質」な存在感を醸し出す。難しいサイバー用語をすらすらと口にしながら、人とのコミュニケーションはあまり得意ではないという加賀谷の人物像を非常に丁寧な芝居で見せていた。物語が進むにつれ、「異質」なのは、彼か、それとも我々か。そんなことまで考えさせられる奥深さがあった。

この記事の画像

「辰巳雄大(ふぉ〜ゆ〜)×浜中文一、"宿命の激突、再び! "舞台「スマホを落としただけなのに」開幕!」の画像1 「辰巳雄大(ふぉ〜ゆ〜)×浜中文一、"宿命の激突、再び! "舞台「スマホを落としただけなのに」開幕!」の画像2 「辰巳雄大(ふぉ〜ゆ〜)×浜中文一、"宿命の激突、再び! "舞台「スマホを落としただけなのに」開幕!」の画像3 「辰巳雄大(ふぉ〜ゆ〜)×浜中文一、"宿命の激突、再び! "舞台「スマホを落としただけなのに」開幕!」の画像4

あわせて読みたい

Rooftopの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年6月11日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。