小野大輔 ( 『「宇宙戦艦ヤマト」という時代 西暦2202年の選択』古代進役)- 想いを受け取るというのは、こういうことなのか

小野大輔 ( 『「宇宙戦艦ヤマト」という時代 西暦2202年の選択』古代進役)- 想いを受け取るというのは、こういうことなのか
拡大する(全2枚)

真田志郎という人は、本当はどんな人なんだろう?

──まずは『「宇宙戦艦ヤマト」という時代 西暦2202年の選択』をご覧になった感想からお聞かせください。 小野:印象的だったのは、真田さんがインタビューに応える形で物語が進むことです。ともに過酷な航海をした古代進として、とても心に来るものがありました。真田さんはなかなか自分を語らない人ですから、僕自身、「真田志郎という人は、本当はどんな人なんだろう?」と、思いながら旅をしていた気がします。その真田さんが、古代進や、その兄の守、自分のことを語ってくれるのがすごく嬉しかったんです。あんなに論理的な人が、論理を超えるのはやはり古代のような情熱だと考えていることに、グッと来てしまいました。『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』(以下、『2202』)最終話の真田さんの演説を聞いたときも、これまで古代という人間をずっと見てきてくれたこと、そして普段は見せないけれど、あのように人々を動かす情熱が胸にある人なんだなということがわかって、すごく心を打たれたんです。 ──『宇宙戦艦ヤマト2199』(以下、『2199』)から『2202』に至るまで、古代の演じ方に変化はありましたか?
小野:僕のなかでは変化はなくて、あくまで地続きでしたね。『2199』の頃から思い悩んでいたし、なにかと下を向く癖があるんですよ。行動の人なんですが、内省的な人間でもあるんです。横を向けば仲間がいるのに、彼は下を向いて、自分だけでなんとかしようと考えるんですね。本当は、『2199』のときには周りの仲間のことにも気付けていたと思うんです。でも沖田艦長が逝ってしまったあと『2202』の古代は、またちょっと内省的になってますよね。その彼にもう一度上を向かせてくれたのが土方さんだったと思います。古代は土方さんに助けられた。『2202』では、ずっと土方さんの背中を追い続けていたように思います。

この記事の画像

「小野大輔 ( 『「宇宙戦艦ヤマト」という時代 西暦2202年の選択』古代進役)- 想いを受け取るというのは、こういうことなのか」の画像1 「小野大輔 ( 『「宇宙戦艦ヤマト」という時代 西暦2202年の選択』古代進役)- 想いを受け取るというのは、こういうことなのか」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

小野大輔のプロフィールを見る
Rooftopの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「小野大輔」に関する記事

「小野大輔」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「小野大輔」の記事

次に読みたい「小野大輔」の記事をもっと見る

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク