石崎ひゅーい×尾崎裕哉フルオーケストラ公演、6/26に有観客...の画像はこちら >>

6月26日、 石崎ひゅーい×尾崎裕哉による初のフルオーケストラ公演「billboard classics Symphonic Concert “Grand Duo” 2021 石崎ひゅーい×尾崎裕哉 ~双発機~」が開催される。 本公演は、 「ビルボードクラシックス」を全国で展開中のビルボードジャパン(株式会社阪神コンテンツリンク〔阪急阪神ホールディングスグループ〕本社:大阪市福島区、 代表取締役:清水 奨)が新たに始動させた、 二人のアーティストによるオーケストラとの共演シリーズ “Grand Duo(グラン・デュオ)”の第一弾。
尾崎豊トリビュートライブで初共演以来、 互いの音楽性で刺激しあい、 2018年に初の2マンライブ「双発機」を開催した二人が、 満を持してフルオーケストラとの競演に挑戦する。 本公演は、 石崎、 尾崎の各パートとデュオの三部構成となり、 石崎パートでは、 菅田将暉に楽曲提供した「さよならエレジー」をはじめ、 今期のテレビ朝日系ドラマ「警視庁・捜査一課長season5」主題歌として話題を呼んだ新曲「アヤメ」も予定、 オーケストラアレンジによる初披露が注目される。 尾崎パートでは、 劇場版アニメ『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1』の主題歌になった「Glory Days」をはじめ、 最新アルバム『Golden Hour』より、 「Awaken」のオーケストラアレンジも初披露される。 そしてデュオパートでは、 「夜間飛行」(石崎ひゅーい)、 「サムデイ・スマイル」(尾崎裕哉)に加え、 「15の夜」(尾崎豊)の演奏も決定。 尾崎豊がつないだ二つの個性がぶつかりあい、 栗田博文指揮、 東京フィル・ビルボードクラシックスオーケストラによる圧巻のサウンドとともに最高のパフォーマンスを繰り広げる。 なお本公演は、 当初、 東京と兵庫の二公演が予定されていたが、 緊急事態宣言期間延長により兵庫公演が中止となり、 延期・振替となった東京公演のみ東京文化会館で行われることになり、 有観客ライブに加えライブ配信も実施する。