寺嶋由芙が、本日6月30日(水)に発売した、3rdアルバムの表題曲「サバイバル・レディ」のミュージックビデオをこの後、22時より寺嶋由芙オフィシャルYouTubeにて、プレミア公開する。ミュージックビデオは、映画「タイトル、拒絶」で監督を務めた、注目のクリエーター・山田佳奈による作品で、寺嶋由芙が謎の女性を演じた、今までのミュージックビデオにはないテイストの映像となっているので、ぜひチェックして欲しい。
「サバイバル・レディ」は、寺嶋由芙の恩師である、トミヤマユキコ作詞、2017年「夏'n ON-DO」を提供し、寺嶋には2度目の楽曲提供となる、怒髪天上原子友康作曲による作品。80年代アイドルを彷彿としたメロディに、寺嶋由芙のアイドルとしての生き様を歌詞にのせた楽曲となる。また、寺嶋とは「わたしになる」以来のタッグとなる二丁目の魁カミングアウト・ミキティー本物による振付。MVの中の、ダンスシーンにもぜひ注目してご覧いただきたい。 7月10日には、品川ステラボールでの生誕ワンマンライブも開催。こちらは、2部制のライブとなっており、1部は寺嶋の仲良しのゆるキャラとのコラボライブ、2部は寺嶋由芙ひとりでのステージとなる。
アルバム収録曲の新曲も披露されるとのことなので、ぜひチェックして欲しい。 山田佳奈コメント 寺嶋由芙さんが掲げる古き良き時代にフィットするような、ビビットなMVとなりました。可愛いも良いけれど、それだけじゃ人生サバイバルしていくには物足りない。そんな楽曲と歌詞の世界観を、別の視点でも面白おかしく拡げられていたら幸いです。