BRADIO、初の映画音楽を担当! イリエナナコ監督新作映画『謝肉祭まで』!

BRADIO、初の映画音楽を担当! イリエナナコ監督新作映画『謝肉祭まで』!
拡大する(全1枚)
ロックバンド・BRADIOが、イリエナナコ監督新作映画『謝肉祭まで』で、バンドとして初めての映画音楽を担当することが発表された。 本作は、「3人の神様たちが主人公」であること以外の詳細は謎に包まれた短編映画。3人の神々を、大山真絵子、円井わん、豊満亮が演じる。イリエ監督は、本作の未知な内容に触れつつ、BRADIOが音楽を担当することについて「本当に楽しみで私もうずうずしています」とコメントし、「安全地帯から出て新しい試みを」と自身の思いを強く示した。 BRADIOは「祭といえば我々みたいなところもあります」と自身の音楽性と本作との繋がりを挙げ、また「初めての兄妹(Gt.大山聡一、大山真絵子)共演」については「ワクワク、フワフワ」と正直な気持ちを吐露しつつも、「素敵なカーニバルになる事間違いなし」と意欲を見せた。本作は、8月1日から応援資金をクラウドファンディングで募集するほか、MOOSIC LAB2021-2022での上映が決定している。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Rooftopの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク