Chara、「音楽でハグできたらいいね」自身初単独日比谷野音公演開催!
拡大する(全4枚)
7月18日(日)、日比谷野外大音楽堂でChara単独公演『Chara Live 2021 Sweet Soul Sessions ~Glitter~』が開催された。梅雨明け直後の晴天の下、緑の木々とビル群を臨む日比谷野音の客席は、ライブスタートを待ちわびる人々のピースな期待に満ちていた。Earth, Wind & Fire の名曲『Let's Groove』のSEに乗ってバンドメンバーのGt.TAKU、 Ba.Shyoudog 、Dr.TAROW-ONE 、Key.井上薫 、Cho.⽵本健⼀、 Cho.⾼橋あず美 、 Sax.庵原良司、Tp.吉澤達彦 、Tb.半⽥信英が踊りながら順に入場Charaがステージ上に姿を現すと、着席していた人々はマスクをしたまま立ち上がり踊り出す。 そのまま継ぎ目なく、岡村靖幸作曲の『レモンキャンディー』のイントロがはじまると、みんな思い思いに体を揺らした。羽を頭に、ドレスを体に纏ったCharaの声が空気を震わせ、それに会場の一人一人が呼応していく。共鳴のさまを体で感じることは、まさしく生身のライブの喜び。「やったね。晴れたー。私たちステージではしゃいでいくから、みんなも楽しんでね」とCharaは言い、観客は手を叩き応える。
Chara、「音楽でハグできたらいいね」自身初単独日比谷野音公演開催!
二曲目は『Junior Sweet』。吐息めいた深い声に韻シストバンドのGt.TAKU、 Ba.Shyoudog 、Dr.TAROW-ONE のグルーヴが重なり合い、ブラックミュージックのヴァイブスを体に感じさせる。何にも似ていないCharaの声がエコーしながら日比谷の街に響き渡り、誰もが自然と体を動かした。「早く声出したいね!今日は夜まで一緒に楽しみましょう!」みんなの気持ちを代弁するようにCharaはそう言い、声に出せない喜びが会場を包んだ。 続いて3曲目は『cat』、「お空の下のディスコです」という前置きを挟み、観客は持参したタンバリンや鈴を使ってコールアンドレスポンスを行う。新しい楽しさの発明は、人類が苦境に立たされるたびに行ってきた歴史であり、今ここにある小さくも確かな希望なのだろう。「30周年イヤーということで、ちょっと昔の曲も歌っちゃうわ。歌えるかしら?」そう言って始まったのは、ファーストアルバム収録の楽曲『Sweet』。多層の布で構成された衣装を一枚外すと、Charaはより自由に、身軽に、歌い、動いた。YEN TOWN BANDの楽曲『Swallowtail Butterfly ~あいのうた~ 』、『上海ベイベ』、初めて歌う曲シリーズと題して披露した『Little Bird』、夕焼けの会場でしなやかに歌った『タイムマシーン』、日が落ちて一曲目は、見事なライトワークとともに始まった『しましまのバンビ』で、会場は大いに沸いた。ライブも終盤に近づき、完全な夜が訪れた。

この記事の画像

「Chara、「音楽でハグできたらいいね」自身初単独日比谷野音公演開催!」の画像1 「Chara、「音楽でハグできたらいいね」自身初単独日比谷野音公演開催!」の画像2 「Chara、「音楽でハグできたらいいね」自身初単独日比谷野音公演開催!」の画像3 「Chara、「音楽でハグできたらいいね」自身初単独日比谷野音公演開催!」の画像4