ビジネスリーダー1万人が選ぶ 2021年上半期のベストビジネス書が決定! 第34回大賞は『オードリー・タン デジタルとAIの未来を語る』!

ビジネスリーダー1万人が選ぶ 2021年上半期のベストビジネス書が決定! 第34回大賞は『オードリー・タン デジタルとAIの未来を語る』!
拡大する(全2枚)

ビジネスリーダー1万人が選ぶ 2021年上半期のベストビジネ...の画像はこちら >>

新刊ビジネス書情報誌『TOPPOINT』は、 1万名以上の定期購読者を対象とした定例の読者アンケートを行い、 2021年上半期「トップポイント大賞」(第34回)を決定。 大賞に輝いたのは、 『オードリー・タン デジタルとAIの未来を語る』(オードリー・タン 著/プレジデント社)。 台湾のデジタル担当政務委員(閣僚)である著者は、 2020年にマスク在庫管理システムを構築するなど、 同国の新型コロナウイルス封じ込めに大きく貢献した。 そんなIT業界の世界的異才による、 世界初の自著。

大賞受賞書籍『オードリー・タン デジタルとAIの未来を語る』について

台湾のコロナ対策が成功した秘密や、 デジタル・AIが開く新たな社会像…。 トランスジェンダーである生い立ちも交えつつ、 オードリー・タン氏が自らの言葉で語り尽くす。 著者は本書で、 進化し続けるデジタル技術について、 「誰もが使える」ことが重要だと述べている。 高齢者など、 テクノロジーに馴染めない人たちが取り残されてしまっては意味がない、 と。 そして、 不得手な人でも使えるように改良することが、 社会のイノベーションへとつながっていくと説く。 読者の方々からは、 「イノベーションとは、 より弱い存在の人たちに優先して提供されるべきものであり、 それこそが誰も置き去りにしない、 には感銘を受けました」といったコメントが寄せられた。DX、 ソーシャル・イノベーション、 LGBTQ…。 本書には、 現代社会が抱える様々な課題が盛り込まれている。 私たちはこれらの課題にどう取り組んでいくべきか ―― 。 そのヒントが詰まった1冊。

この記事の画像

「ビジネスリーダー1万人が選ぶ 2021年上半期のベストビジネス書が決定! 第34回大賞は『オードリー・タン デジタルとAIの未来を語る』!」の画像1 「ビジネスリーダー1万人が選ぶ 2021年上半期のベストビジネス書が決定! 第34回大賞は『オードリー・タン デジタルとAIの未来を語る』!」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Aiのプロフィールを見る
Rooftopの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「AI」に関する記事

「AI」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「AI」の記事

次に読みたい「AI」の記事をもっと見る

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク