こんな日本に誰がした? 政府もニッポン人もヤバいぞ!『パンケーキを毒見する』初日舞台挨拶!

こんな日本に誰がした? 政府もニッポン人もヤバいぞ!『パンケーキを毒見する』初日舞台挨拶!
拡大する(全1枚)
世界が未曾有のコロナ禍に陥る中、国民の命と激動の時代の舵取りは、この男に託された。日本アカデミー賞作品「新聞記者」や、東京国際映画祭作品賞(スプラッシュ部門)「i-新聞記者ドキュメント-」で官邸政治の闇や、菅首相(当時官房長官)をウォッチしてきたスターサンズが、“今、一番日本人が知りたいこと”菅政権の正体に迫ったドキュメンタリー映画『パンケーキを毒見する』が7月30日(金)より新宿ピカデリーほか全国公開中。 世間では、官房長官時代の「令和おじさん」や東京新聞記者・望月衣塑子氏との会見でのバトルが有名だが、政治家として彼がこれまでどのようなことを行い、何を考えているのかというのは意外に知られていない。安倍政権のナンバー2を長く務め、ついにトップの座に就いた菅義偉とはどんな人物なのか?彼の姿の向こうに、報道からは決して見えてこないニッポンの真実が浮かび上がってくる。果たして日本の将来はどうなっていくのか? 本作に登場するのは、自由民主党の石破茂や村上誠一郎、立憲民主党の江田憲司、日本共産党の小池晃といった現役の国会議員、経済産業省出身・古賀茂明、元文部科学事務次官・前川喜平ら元官僚、そして、菅首相をよく知るジャーナリストの森功、元朝日新聞記者・鮫島浩といった人たち。それぞれの立場から、菅義偉の人間像や菅政権の目指すもの、日本の現状とその危うい将来を語り尽くす。さらに、菅首相がこれまで国会で行なった答弁も徹底的に検証し、ポーカーフェイスの裏に隠されているものを探っていく。ナレーターには俳優の古舘寛治を迎え、証言の合間には、日本の“変なところ”を風刺するブラックなアニメーションを挿入。ユニークな政治バラエティ映画として完成している。 オリンピック開催真っ只中の7月30日(金)に公開となった本作。この度、企画段階から関わっている、経済産業省出身・古賀茂明、元文部科学事務次官・前川喜平、河村光庸プロデューサー、内山雄人監督による初日舞台挨拶を実施。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Rooftopの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク