第16回「1994年7月24日:諸田コウさん不在のDOOM」

第16回「1994年7月24日:諸田コウさん不在のDOOM」
拡大する(全7枚)


LOFTと私

レコード&昭和プロレス愛好家のゴベと申します。 お待たせしました。今回は1994年7月にロフトで観た最後のライブです。 7月24日はH.G. Factの企画イベントで、私の目当てはDOOMとGRUBBY。 3月からライブ活動をスタートしたGRUBBYが出演するイベントには、頻繁に足を運んでいました。この時点では、おそらく皆勤賞だったと思います。 この年の5月に出た(と思われる)3曲入りの7インチがめちゃくちゃカッコ良くて、ヘビロテしてました。第14回で取り上げているので、そちらもご覧ください。 トリはDOOM。この日は、SHELLSHOCKの千葉“Die”政己さんがベースを担当。オリジナルメンバーである諸田コウさんは、左腕の腱鞘炎の為にバンドから離れていました。 DOOMのオフィシャルサイトに掲載されたインタビュー(2017年3月20日公開)や、2017年9月にリリースされたヒストリー映像作品『Insomniac Days - The History of DOOM -』に収録された藤田タカシさん(g,vo)の発言によると、1992年に発表された『illegal soul』を制作していた時点で既に、諸田さんの左腕は最悪の状態だったようです。 ■DOOM 『illegal soul』CD (AHR-2)
第16回「1994年7月24日:諸田コウさん不在のDOOM」...の画像はこちら >>
こちらは『illegal soul』のオリジナル盤CD。 インディーズのAlzheimerから発売された『illegal soul』のCDは流通枚数が少なく、長らく高値で取引されていましたが、2017年3月にめでたく再発。 ■DOOM 『illegal soul』CD - Reissue (13RR-1006)

この記事の画像

「第16回「1994年7月24日:諸田コウさん不在のDOOM」」の画像1 「第16回「1994年7月24日:諸田コウさん不在のDOOM」」の画像2 「第16回「1994年7月24日:諸田コウさん不在のDOOM」」の画像3 「第16回「1994年7月24日:諸田コウさん不在のDOOM」」の画像4
「第16回「1994年7月24日:諸田コウさん不在のDOOM」」の画像5 「第16回「1994年7月24日:諸田コウさん不在のDOOM」」の画像6 「第16回「1994年7月24日:諸田コウさん不在のDOOM」」の画像7
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Rooftopの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク