玉音放送をどこで聴いた? 戦争体験記を集めた『わたしたちもみんな子どもだった~戦争が日常だった私たちの体験記』を発売!

玉音放送をどこで聴いた? 戦争体験記を集めた『わたしたちもみんな子どもだった~戦争が日常だった私たちの体験記』を発売!
拡大する(全1枚)
終戦を知らせる「玉音放送」を聴いた1945年8月15日。 あの日を境に世界は変わったのか。合同会社ブラインドライターズが4年をかけて取材した戦争体験記が、 本になった。 「戦時中の“常識”と、 現代の“常識”ってこんなに違うんだ!」「玉音放送って、 聴取率ほぼ100%ってすごくない?」と思い、 始めた取材。 ソニー元副社長で、 テニス選手の錦織圭を育てた盛田正明、茶道・裏千家の前お家元、 千玄室、全米オープンテニスダブルス優勝の宮城淳、ギネスブックに載っている現役最高齢薬剤師の比留間榮子、元日本ボクシング連盟会長の山根明、日本人初エミー賞受賞したナラ・ターナーカオリ、嵐の松本潤さん大ファンで有名になった、 現役佃煮店経営者の草間千恵子、樺太で生まれ育ち、 そのままソ連国民となっていた「サハリン残留」体験を持つ近藤孝子、など、 総勢18名のかたたちの戦中・戦後の物語。 サハリン残留、 シベリア抑留、 満州引き揚げ、 特攻隊 ……戦争で起こったさまざまな事件を、 体験記として取り上げている。 また、 終戦で一区切りするのではなく、 戦後の復興までお話を聞いている。 焼け野原になった街から、 日本がどう復興したのかも見ることができる。 用語解説や地図などを入れて、 戦時中の全体像がわかるように構成。個人の体験記の後に、 客観視点で解説を加えることで、 より多方面から「戦争」を見つめることができる。コロナ禍の今、 取材者のみなさんからのメッセージが心に響く。 本書では、 ブラインドライターズのスタッフが取材起こしを担当し、 代表の和久井が取材・執筆を行なった。合同会社ブラインドライターズは、 障害を持ったスタッフで構成され、 視覚障害者による文字起こしサービスを提供や、 書籍の企画・編集・執筆を行う会社。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Rooftopの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク