第23回『さるかに合戦』について考える~MVPは栗である

第23回『さるかに合戦』について考える~MVPは栗である
拡大する(全2枚)
皆さんご存知、昔話の『さるかに合戦』には様々なキャラクターが登場する。 まずは蟹(親子)と猿。ずる賢い猿は蟹を騙し、最終的に蟹の親を殺害する。 蟹は猿への仕返しを企て、協力しようと栗、蜂、牛糞(地域によっては「昆布」などの場合もある)、臼が集まる。 栗、蜂、牛糞、臼は猿がいない間に家に入り、栗は囲炉裏の中、蜂は水桶の中、牛糞は土間、臼は屋根に身を潜めてスタンバイする。 続いて仕返しの手順であるが、そのシナリオは以下の通りだ。 帰宅して暖をとろうとした猿に向かって囲炉裏の中から焼けた栗が飛び出しきて体当たりする。火傷した猿は急いで冷やそうと水桶まで行くのだが、そこで待ち構えていた蜂に刺される。熱さと痛さで驚き慌てふためいた猿は家の外に出ようとするも土間で待ち伏せていた牛糞で滑って転倒する。そこに屋根から臼が落ちてきて、猿は下敷きとなり仕返しは終わる。 さて、この『さるかに合戦』でMVPを決めるとしたら誰を選択するだろうか。猿はダーティーすぎる。蟹もMVPにふさわしいかと言えば疑問符が付く。 となると仕返し要員である一撃必殺の蜂か、それともトリッキーな牛糞か、あるいはパワーの臼か? 私は断然栗だ。その理由を述べていこう。 まず仕返しの攻撃方法を今一度確認してもらいたい。
第23回『さるかに合戦』について考える~MVPは栗であるの画像はこちら >>
栗だけが武器や特性がないのだ。 蜂は針を持ち、牛糞は滑りやすい特性を使い、臼は己の身体を遺憾なく使用している。 一方、栗には何もない。火で焼かれる過程を経ての攻撃なのである。通常の状態で体当たりしたところで火傷させることはできず、次へと繋がらない。そこで自ら焼かれることを選ぶのだ。 次に取り巻く環境である。

この記事の画像

「第23回『さるかに合戦』について考える~MVPは栗である」の画像1 「第23回『さるかに合戦』について考える~MVPは栗である」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Rooftopの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク