Original Love&竹内アンナ、"おとなの音楽フェス"『TMC week 2021 〜TOKYO MUSIC CRUISE Spin-Off〜』ライブレポート!

Original Love&竹内アンナ、"おとなの音楽フェス"『TMC week 2021 〜TOKYO MUSIC CRUISE Spin-Off〜』ライブレポート!
拡大する(全4枚)
8月8日にデビュー3周年を迎えた竹内アンナが8月14日、『TMC week 2021 ~TOKYO MUSIC CRUISE Spin-Off~』(ザ・プリンス パークタワー東京で開催中の“おとなの音楽フェス”)に出演した。“対バン”の相手は、デビュー30周年を迎えたOriginal Love。ソウル、ファンク、ジャズなどのルーツ音楽を現代的なポップミュージックに昇華する両者が同じステージに立つ、貴重なイベントとなった。

竹内アンナ

先に登場したのは、竹内アンナ。バンドメンバーの軽快なサウンドとともに放たれたオープニングナンバーは、爽快なポップチューン「RIDE ON WEEKEND」。さらに<「アインデンティティ 持ってんじゃん」気づいて 信じて>というラインが印象的なサマーポップ「SUNKISSed GIRL」を披露し、心地よいムードを生み出していく。竹内アンナのアコギ、谷川正憲(G&Cho / UNCHAIN)、名村武(Ba)、岡本啓佑(Dr / 黒猫チェルシー)、別所和洋(Key / Gentle Forest Jazz Band)によるアンサンブルも絶品だ

Original Love&竹内アンナ、"おとなの音楽フェス...の画像はこちら >>

「TOKYO MUSIC CRUISEにお越しのみなさん、竹内アンナです!」「みなさんの前で歌えることがホンマにうれしくて。今日はぜひ、最後まで音楽を味わっていってください!」という挨拶を挟み、TLCの名曲「No Scrubs」をカバー。アコギを演奏しながら本格的なラップを響かせるパフォーマンスは、この日の最初のハイライトだった。 パーカッシブなギターのリフを軸にしたバンドグルーヴ、揺れる恋愛感情を描いた歌詞が一つになった「20-TWENTY-」の後は、竹内アンナの奥深いボーカルを堪能できるシーンが続いた。アコギの弾き語りから始まり、ジャズやブルースのテイストともに“東京の夜”をモチーフにした歌を描き出した「TOKYO NITE」。そして(ギターを弾かず)ボーカルに専念し、「ねぇ曖昧なままだけなんて嫌なんだよ」と切ない恋心を映し出した「If you and I were,」。アコースティックな手触りのサウンド、豊かな表現力をたたえた歌からは、彼女の音楽的な成長がはっきりと伝わってきた。

この記事の画像

「Original Love&竹内アンナ、"おとなの音楽フェス"『TMC week 2021 〜TOKYO MUSIC CRUISE Spin-Off〜』ライブレポート!」の画像1 「Original Love&竹内アンナ、"おとなの音楽フェス"『TMC week 2021 〜TOKYO MUSIC CRUISE Spin-Off〜』ライブレポート!」の画像2 「Original Love&竹内アンナ、"おとなの音楽フェス"『TMC week 2021 〜TOKYO MUSIC CRUISE Spin-Off〜』ライブレポート!」の画像3 「Original Love&竹内アンナ、"おとなの音楽フェス"『TMC week 2021 〜TOKYO MUSIC CRUISE Spin-Off〜』ライブレポート!」の画像4
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Rooftopの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク