限界集落・人口1,000人の村、徳島・木頭の"未来コンビニ"が、世界三大デザイン賞「レッド・ドット・デザイン・アワード」リテールデザイン部門で最優秀賞受賞!

限界集落・人口1,000人の村、徳島・木頭の"未来コンビニ"が、世界三大デザイン賞「レッド・ドット・デザイン・アワード」リテールデザイン部門で最優秀賞受賞!
拡大する(全4枚)

限界集落・人口1,000人の村、徳島・木頭の"未来コンビニ"...の画像はこちら >>

徳島県那賀郡那賀町木頭地区の地方創生に取り組むKITO DESIGN HOLDINGSグループが運営する「未来コンビニ」が、 世界三大デザイン賞の一つであるドイツのデザインアワード「レッド・ドット・デザイン・アワード」2021年のリテールデザイン部門で、 最も優れた革新的なデザインに贈られる最優秀賞「ベスト・オブ・ザ・ベスト」賞を受賞。 「レッド・ドット・デザイン・アワード」は、 ドイツのデザイン機関「ノルトライン・ヴェストファーレン・デザインセンター」が主催する、 1955年に設立された国際的なデザイン賞。 「iFデザイン賞」(ドイツ)、 「インターナショナル・デザイン・エクセレンス賞(IDEA)」(アメリカ)とともに、 世界三大デザイン賞の一つ に位置づけられている。 プロダクトデザイン、 ブランド&コミュニケーション、 デザインコンセプトの3カテゴリにおいて賞が存在し、 近年では毎年60カ国以上の国から10,000以上の応募が集まっている。
限界集落・人口1,000人の村、徳島・木頭の"未来コンビニ"が、世界三大デザイン賞「レッド・ドット・デザイン・アワード」リテールデザイン部門で最優秀賞受賞!
集まったデザインに対し、 その機能性や審美性をはじめ、 独創性・創造性・デザインの質・革新性・情緒性などといった様々な観点から20名以上の専門的な審査員によって選定が行われ、 約500点がレッド・ドット賞として選定される。 そのうち最も優れた革新的なデザインには各カテゴリの「ベスト・オブ・ザ・ベスト」が贈られ、 本賞の過去受賞者にはApple社、 SONY社(※)など世界的な著名企業が名を連ねている。未来コンビニはこの度、 ブランド&コミュニケーションカテゴリのリテールデザイン部門において、 最優秀賞「ベスト・オブ・ザ・ベスト」の受賞 となった。(※記載の会社名は各社の登録商標または商標)

この記事の画像

「限界集落・人口1,000人の村、徳島・木頭の"未来コンビニ"が、世界三大デザイン賞「レッド・ドット・デザイン・アワード」リテールデザイン部門で最優秀賞受賞!」の画像1 「限界集落・人口1,000人の村、徳島・木頭の"未来コンビニ"が、世界三大デザイン賞「レッド・ドット・デザイン・アワード」リテールデザイン部門で最優秀賞受賞!」の画像2 「限界集落・人口1,000人の村、徳島・木頭の"未来コンビニ"が、世界三大デザイン賞「レッド・ドット・デザイン・アワード」リテールデザイン部門で最優秀賞受賞!」の画像3 「限界集落・人口1,000人の村、徳島・木頭の"未来コンビニ"が、世界三大デザイン賞「レッド・ドット・デザイン・アワード」リテールデザイン部門で最優秀賞受賞!」の画像4
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Rooftopの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク