SDGsをその理念の源流から理解する図鑑『生態学大図鑑』発売!
拡大する(全4枚)

SDGsをその理念の源流から理解する図鑑『生態学大図鑑』発売...の画像はこちら >>

株式会社 三省堂は、 イギリスDK社発行の“THE ECOLOGY BOOK”の日本語版である『生態学大図鑑』を2021年8月23日(月)より発売。 生態学は広範なテーマを含む、 多くの科学分野と関係し、 経済活動とも関連した、 人々にとって重要な意味を持つ研究領域。 本書はオールカラーのわかりやすいレイアウト、 図表、 挿絵、 引用を効果的に取り入れることで、 生態学のひとつひとつのテーマを理解するのに役立つ「図鑑」でありながら、 通読により生態学のダイナミックな全体像を概観できる。 持続可能な社会を築くための科学的リテラシーを高めることに役立つ格好の解説書だ。 生態学は、 基礎科学、 応用科学の多様な分野を含み、 気候変動や生物多様性への影響、 資源の枯渇、 新興感染症によるパンデミックなど、 さまざまな環境災禍を乗り越え、 持続可能な社会を築くための政策科学としての役割を担う研究領域。 近年関心が高まっている、 持続可能な開発目標(SDGs)の理念の源流の一つが生態学にあることはよく知られている。 しかし生態学は、 動物学、 植物学、 数学、 化学、 物理学など多くの科学の分野と深く関わり、 経済ともつながる広範なテーマを扱うだけではなく、 哲学的・倫理的な問題をも提起する重要な研究領域。 いざ生態学の全体像を理解しようとすると、 どこから学べばよいか途方に暮れることも少なくない。

この記事の画像

「SDGsをその理念の源流から理解する図鑑『生態学大図鑑』発売!」の画像1 「SDGsをその理念の源流から理解する図鑑『生態学大図鑑』発売!」の画像2 「SDGsをその理念の源流から理解する図鑑『生態学大図鑑』発売!」の画像3 「SDGsをその理念の源流から理解する図鑑『生態学大図鑑』発売!」の画像4