緑黄色社会、約1年半ぶりの全国ツアー完走!「みんなが何も怖がらずにライブに来れる日が、早く来るといいなと思ってます。」

緑黄色社会、約1年半ぶりの全国ツアー完走!「みんなが何も怖がらずにライブに来れる日が、早く来るといいなと思ってます。」
拡大する(全5枚)
緑黄色社会の全国ホールツアー「リョクシャ化計画2021」の最終公演が2021年8月21日、大阪・フェスティバルホールにて開催された。 5月23日の広島・JMS アステールプラザ 大ホールを皮切りに、東京ガーデンシアターを含め全国9会場を巡る、自身初の全国ホールツアー「リョクシャ化計画2021」。昨年(2020年)の「SINGALONG tour 2020」が新型コロナウイルス感染拡大の影響でわずか1公演の開催となったこともあり、緑黄色社会の全国ツアーは2019年の「リョクシャ化計画2019」以来約1年半ぶりの開催となる。当初はツアー中3公演目・5月30日に予定されていた大阪・フェスティバルホール公演は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため開催延期、8月21日・同会場の振替公演がツアーの最後を飾る形となった。 昔懐かしいRPG風のオープニング映像と「パスワード:FINAL」の文字が舞台の白幕に映し出され、場内から大きな拍手が湧き上がる。そして、長屋晴子(Vocal & Guitar)、小林壱誓(Guitar)、peppe(Keyboard)、穴見真吾(Bass)とサポートドラマー=比田井修の5人が最初に演奏したのは「夏を生きる」だった。アルバム『SINGALONG』がコロナ禍により発売延期となった際、新たにアルバムに追加された楽曲「夏を生きる」。困難な時代の中、それでも決然と音楽を表現しようとする緑黄色社会の象徴のようなこの曲が、真夏の開放感そのもののように高らかに鳴り渡った。

この記事の画像

「緑黄色社会、約1年半ぶりの全国ツアー完走!「みんなが何も怖がらずにライブに来れる日が、早く来るといいなと思ってます。」」の画像1 「緑黄色社会、約1年半ぶりの全国ツアー完走!「みんなが何も怖がらずにライブに来れる日が、早く来るといいなと思ってます。」」の画像2 「緑黄色社会、約1年半ぶりの全国ツアー完走!「みんなが何も怖がらずにライブに来れる日が、早く来るといいなと思ってます。」」の画像3 「緑黄色社会、約1年半ぶりの全国ツアー完走!「みんなが何も怖がらずにライブに来れる日が、早く来るといいなと思ってます。」」の画像4
「緑黄色社会、約1年半ぶりの全国ツアー完走!「みんなが何も怖がらずにライブに来れる日が、早く来るといいなと思ってます。」」の画像5
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Rooftopの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「緑黄色社会」に関する記事

「緑黄色社会」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「緑黄色社会」の記事

次に読みたい「緑黄色社会」の記事をもっと見る

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク