没後20年たっても色あせない相米慎二作品の魅力を、三浦友和、小泉今日子らのインタビューを通じて描く書籍「相米慎二という未来」!

没後20年たっても色あせない相米慎二作品の魅力を、三浦友和、小泉今日子らのインタビューを通じて描く書籍「相米慎二という未来」!
拡大する(全2枚)
雑誌「TVガイド」を発行する株式会社東京ニュース通信社は、 「相米慎二という未来」(金原由佳、 小林淳一/編)を9月8日(水)に発行。 全国の書店、 「翔んだカップル」「セーラー服と機関銃」「台風クラブ」「ションベン・ライダー」などで知られる、 映画監督の相米慎二。 2021年(9月9日)は氏の没後20年にあたる。 2021年2月6日~19日に渋谷ユーロスペースで開催された「没後20年 作家主義 相米慎二」(全監督作品13本を上映)には、 コロナ禍にも拘わらず連日多くの観客が映画館を訪れた。 相米慎二の回顧上映は過去2回(11、 13年)行われているが、 今回の特長は若い観客の増加、 とりわけ若い女性が数多く来場したことですだ。 上映期間中にTwitterなどには、 「こんなすごい映画が存在したのか」「いまでは不可能と思える演出の数々に心うたれた」など、 これまで相米映画に触れたことのない若年層からの好意的な意見が多数寄せられた。 本書では没後20年たっても色あせない相米映画の魅力を、 キャストや制作スタッフへのインタビューを通じて描いていく。
没後20年たっても色あせない相米慎二作品の魅力を、三浦友和、小泉今日子らのインタビューを通じて描く書籍「相米慎二という未来」!

本書の構成

(邂逅) 相米映画をリアルタイムで見ていない若年層に、 今回初めて相米映画に触れて感じたことを聞く。 また、 かつてリアルタイム見た世代に改めて相米ワールド全作品に触れてもらい、 いま感じたことを語ってもらう。 ⇒インタビュー:唐田えりか、 板垣瑞生、 村上淳、 土居裕泰、 松居大吾

この記事の画像

「没後20年たっても色あせない相米慎二作品の魅力を、三浦友和、小泉今日子らのインタビューを通じて描く書籍「相米慎二という未来」!」の画像1 「没後20年たっても色あせない相米慎二作品の魅力を、三浦友和、小泉今日子らのインタビューを通じて描く書籍「相米慎二という未来」!」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Rooftopの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク