ナギサワカリン - どんなに土に還りたくなっても、わたしはまたヒカリを探してしまう

ナギサワカリン - どんなに土に還りたくなっても、わたしはまたヒカリを探してしまう
拡大する(全7枚)

詩を書くと、感情をうまく吐き出せる

──Rooftop初登場ありがとうございます。

ナギサワ:うわ~~~~~~!!!!イエーーーーーイ!!!!(拍手をしながら)

──こんなに明るい初インタビューは初めてです(笑)。

ナギサワ:静かにできないんだよなぁ~。よろしくお願いします!

──普段もライブやSNSでの雰囲気そのままなんですね! いま現場の温度が一気にあがった感じがします。ナギサワさんの活動のきっかけはなんだったんですか?

ナギサワ:ナギサワカリンとして活動をしたのは2018年からなんですけど、ライブ自体は2017年からやっていました。最初はナギサワカリン名義ではなくて、ひらがなで"なぎさ"っていう名前で大分でカバーライブをしていたんです。カバーを続けているうちに、「いい加減にオリジナル曲を作ったほうがいいよ」ってまわりから言われて、それで作ったのが「Hear me」でした。当時は大学の先輩に頼んでギターを弾いてもらっていました。

──今は弾き語りもされていますが、当初は純粋に唄うだけだったんですね。

ナギサワ:そうなんです、わたしは歌のみでした。でもやっぱりユニットでやりたくなって、ギターの相方を探して結成したのがDUTCH BABY'S。そこから東京に拠点をうつしました。

──なぜご自身でもギターを始めたんですか?

ナギサワ:実は半ばイヤイヤだったんですよ(笑)。「ただ歌うだけじゃ生きていけないよ」と言われてはいたんですけど、わたしは歌に自信があったし、唄うだけでライブをしている人は少なかったなか活動を続けてきたし、歌でいけるって思っていたから。だけど、東京に来たら歌がうまい人なんてたくさんいて、これは自分でギターを弾いて、自分である程度は曲も作れないと戦っていけないなって思ったんです。自分のことを知ってもらうきっかけを増やしたかったんだろうな。それで、すぐに友達と御茶ノ水に行って、一目惚れをして買ったのが今も弾いているギターです。


この記事の画像

「ナギサワカリン - どんなに土に還りたくなっても、わたしはまたヒカリを探してしまう」の画像1 「ナギサワカリン - どんなに土に還りたくなっても、わたしはまたヒカリを探してしまう」の画像2 「ナギサワカリン - どんなに土に還りたくなっても、わたしはまたヒカリを探してしまう」の画像3 「ナギサワカリン - どんなに土に還りたくなっても、わたしはまたヒカリを探してしまう」の画像4
「ナギサワカリン - どんなに土に還りたくなっても、わたしはまたヒカリを探してしまう」の画像5 「ナギサワカリン - どんなに土に還りたくなっても、わたしはまたヒカリを探してしまう」の画像6 「ナギサワカリン - どんなに土に還りたくなっても、わたしはまたヒカリを探してしまう」の画像7
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Rooftopの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク