映画『最後の決闘裁判』​大白熱の記者会見&大熱狂のワールドプレミア開催!「もう一度映画を見たまえ!」

映画『最後の決闘裁判』​大白熱の記者会見&大熱狂のワールドプレミア開催!「もう一度映画を見たまえ!」
拡大する(全5枚)
ウォルト・ディズニー・ジャパンは、10月15日(金)より、映画『最後の決闘裁判』を全国公開。 アカデミー賞®︎作品賞を受賞した『グラディエーター』などの名匠リドリー・スコット監督が、アカデミー賞脚本賞®︎を受賞した『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』のマット・デイモンとベン・アフレックが24年ぶりにタッグを組んで参加した脚本を映画化。 マット・デイモン、アダム・ドライバー、ベン・アフレック、そして2019年にエミー賞主演女優賞を受賞した注目の演技派女優ジョディ・カマーという豪華キャストを迎え、歴史を変えた世紀のスキャンダルを描く実話ミステリー『最後の決闘裁判』が日米同日の10月15日(金)に公開となる。 9月1日に開幕した第78回ヴェネチア国際映画祭のアウト・オブ・コンペティション部門に出品されている『最後の決闘裁判』は現地時間9月10日にワールドプレミアを実施。マット・デイモン、ベン・アフレック、ジョディ・カマー、脚本家のニコール・ホロフセナー、そしてリドリー・スコット監督が水上バスで華やかに登場すると、大きな歓声が沸き起こり、多くのファンの声援に答えサインや写真撮影に笑顔で応じた。
映画『最後の決闘裁判』​大白熱の記者会見&大熱狂のワールドプレミア開催!「もう一度映画を見たまえ!」
事前に行われた記者会見には、世紀の決闘裁判に挑む騎士カルージュを演じたマット・デイモン、騎士たちの運命を揺さぶる主君ピエール伯を演じたベン・アフレック、女性が声を上げることのできなかった時代に立ち上がり、裁判で闘うことを決断した勇気ある女性マルグリットを演じたジョディ・カマー、マット&ベンと共に脚本を担当したニコール・ホロフセナー、名匠リドリー・スコット監督が登壇。 本作は、史実としていまだに真相不明なフランス最後の決闘裁判を、事件を告発した被害者(ジョディ・カマー)、被害者マルグリットの夫(マット・デイモン)、訴えられた容疑者(アダム・ドライバー)の、3つの視点で描く三幕構成になっている。すでに作品を観た記者たちからの質問に、マットとベンが思わずマイクの取り合いをするほど熱のこもった質疑応答となった。

この記事の画像

「映画『最後の決闘裁判』​大白熱の記者会見&大熱狂のワールドプレミア開催!「もう一度映画を見たまえ!」」の画像1 「映画『最後の決闘裁判』​大白熱の記者会見&大熱狂のワールドプレミア開催!「もう一度映画を見たまえ!」」の画像2 「映画『最後の決闘裁判』​大白熱の記者会見&大熱狂のワールドプレミア開催!「もう一度映画を見たまえ!」」の画像3 「映画『最後の決闘裁判』​大白熱の記者会見&大熱狂のワールドプレミア開催!「もう一度映画を見たまえ!」」の画像4
「映画『最後の決闘裁判』​大白熱の記者会見&大熱狂のワールドプレミア開催!「もう一度映画を見たまえ!」」の画像5
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Rooftopの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク