韓国のすべての出版社から発売を拒否された問題の書『根のないフェミニズム フェミサイドに立ち向かったメガリアたち』の発売が決定!

韓国のすべての出版社から発売を拒否された問題の書『根のないフェミニズム フェミサイドに立ち向かったメガリアたち』の発売が決定!
拡大する(全2枚)
シスターフッドの出版社アジュマブックスは、 韓国最大のポルノサイト「ソラネット」を封鎖に追い込んだ、 オンラインフェミニスト集団「メガリア」たちの戦いの記録『根のないフェミニズム フェミサイドに立ち向かったメガリアたち』を、 2021年9月29日(水)に全国の書店・ネット書店等で発売。 女性に向けられる嫌悪や排除である 「ミソジニー」 による、 女性を標的にした痛ましい、 未遂も含めた殺人事件 「フェミサイド 」が後を絶たない。日本同様、 家父長制の強い韓国社会でも、 ミソジニーはオンライン上で、 より苛烈に女性たちを追いつめています。 長期間に渡りデジタル性暴力がまかり通っていた韓国最大のポルノサイト「 ソラネット 」に、 激しく抵抗し、 遂には封鎖に追い込んだのが、 韓国史上初のオンラインフェミニスト集団「 メガリア 」。 本書は、 韓国のフェミニズム史に残る「メガリア」の中にいた当事者たちによる戦いを記録した ノンフィクション 、 フェミニストによる勝利宣言書だ。 女性嫌悪を剥き出しにするネトウヨが、 “モノ言う女”=フェミニストをことさら標的にするのは、 韓国も日本も変わりません。 人権のために声をあげる人々を「国家の足を引っ張る虫」として冷笑し、 攻撃し、 “男性嫌悪集団”というレッテルを貼るなど、 ありとあらゆるヘイトで黙らせていく言説がオンライン上で繰り広げられていった。 「メガリア」が勝利するまでには、 すさまじい葛藤と、 死の淵に立つような絶望が、 彼女たちを襲ったのだ。 しかし、 その過程にこそ、 日本の女性たち今聞くべき声、 学ぶべき声があります。 そして、 オンラインにはオンラインの戦い方があった。 本書では、 さまざまな「事件」や「事故」について、 自分たちの暮らしが被った影響を交えて、 証言する7名が登場。資料としても貴重なタイムラインやミラーリング辞書を収録。

この記事の画像

「韓国のすべての出版社から発売を拒否された問題の書『根のないフェミニズム フェミサイドに立ち向かったメガリアたち』の発売が決定!」の画像1 「韓国のすべての出版社から発売を拒否された問題の書『根のないフェミニズム フェミサイドに立ち向かったメガリアたち』の発売が決定!」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Rooftopの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク