コロナ下の最終学年の選手を運動部記者が追った書籍『最後の一年 緊急事態宣言―学生アスリートたちの闘い』発売!

コロナ下の最終学年の選手を運動部記者が追った書籍『最後の一年 緊急事態宣言―学生アスリートたちの闘い』発売!
拡大する(全2枚)
新型コロナウイルスの感染拡大で日常からスポーツが消えた時、 高校や大学などの最終学年のアスリートたちは、 何を思い、 考え、 どう行動したのか。 彼らの胸中に毎日新聞の運動部記者たちが迫った長期連載をまとめた書籍「最後の一年 緊急事態宣言―学生アスリートたちの闘い」が11日、 毎日新聞出版から発売された。 駅伝、 野球、 ラグビー、 サッカー、 アメリカンフットボール、 ボクシング、 視覚障害者向けのフロアバレーボールなどさまざまな競技に取り組む小学校、 中学校、 高校、 大学、 特別支援学校の最終学年の選手たちがどのようにコロナ禍を過ごしたのか。 彼らの姿を運動部記者たちが追い、 毎日新聞の紙面とニュースサイト「毎日新聞デジタル」で昨年5月から今年4月まで90回近く連載した「#最後の1年」を書籍化したのが本書。 大会中止に追い込まれた苦悩や先行き不透明な状況への不安、 戸惑いを抱えながらも、 逆境をバネに歩み続ける選手たちを描いた本連載は大きな反響を呼び、 「感染拡大で相次いでスポーツの大会が中止になり、 高校最後の集大成となる高校3年生は心のやり場のない状態だろう」「ダンス部の娘は中学生最後の大会に出られず、 親としてどう声をかけていいかわかりませんでした。 このようなことは親も初めての経験で対応が難しかったです」など、 多くの感想が寄せられた。 連載を中心に、 新たに取材した内容も加筆した本書は、 このかつてないコロナ禍という危機を、 最終学年の選手たちがどう乗り越えていったのかがわかる貴重な記録でもある。 毎日新聞東京本社運動部長の藤野智成は「本書に登場する選手の多くは高校3年生、 大学4年生です。 二度と戻らない集大成の1年に青春の全てを懸けて取り組んでいましたが、 新型コロナウイルスの出現で日常を奪われ、 目標とした大会が中止となった選手も少なくありません。 一時は一歩も前に進めない選手もいました。 でも決して、 そのままでは終わりませんでした。 限られた環境の中で何ができるか、 苦悩、 無念、 焦りを克服し、 困難に立ち向かっていきます。 ぜひ多くの人に読んでいただければと思います」と語っている。

この記事の画像

「コロナ下の最終学年の選手を運動部記者が追った書籍『最後の一年 緊急事態宣言―学生アスリートたちの闘い』発売!」の画像1 「コロナ下の最終学年の選手を運動部記者が追った書籍『最後の一年 緊急事態宣言―学生アスリートたちの闘い』発売!」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Rooftopの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク