安田賢司(監督)×福井晴敏(シリーズ構成/脚本)- 「宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち 前章 -TAKE OFF-」世代交代・継承というものを描いています

安田賢司(監督)×福井晴敏(シリーズ構成/脚本)- 「宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち 前章 -TAKE OFF-」世代交代・継承というものを描いています
拡大する(全4枚)

出した条件がヤマト世代じゃない人という事

――安田(賢司)さんは『宇宙戦艦ヤマト(以下、ヤマト)』どストライクの世代ではない中、今作から参加されたという事ですが。 安田:はい、そうです。『宇宙戦艦ヤマト 新たなる旅立ち(以下、新たなる旅立ち)』は79年の作品で、当時7歳ですから観ていてもおかしくはないですが。 ――内容から考えるとお兄さんの作品という感じですね。 安田:そうですね。 ――今作で安田さんに監督をお願いすることになったその経緯を伺えますか。 安田:今までのリメイクシリーズはストライク世代の方が制作されていて、『ヤマト』に愛着のある皆さんの作られた作品という事で非常に濃いモノが出来あがっていきました。今回は新クルーが出てくるという事もあってあえて世代ではない人にやってもらいたいという事だったので、そういう事であればお引き受け出来るかなと思ったんです。細かいルールや世界観を本当に知らなかったので最初は荷が重いなという気持ちもありましたが、ゼロからスタートできるのであれば参加してみようという所で引き受けさせていただきました。 福井(晴敏):「好きな振りはしないでいいです」とお伝えしていました(笑)。私は前から参加していたのでそこから引き続きという事になりますね。『宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち(以下、2205)』制作は『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち(以下、2202)』の制作中に決まっていました。『2202』でああいった決着を迎えたことで私の中でやり切ったという思いはあったんです。ですが、作品の登場人物たちや地球の運命を思うと酷いところに放り出してしまったような気もしていました。最終回だけ見るとこれから物事が良くなっていくのかもしれなという微かな希望を感じて終わっていますが、じっくり考えてみると丸裸になったという事じゃないかと。

この記事の画像

「安田賢司(監督)×福井晴敏(シリーズ構成/脚本)- 「宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち 前章 -TAKE OFF-」世代交代・継承というものを描いています」の画像1 「安田賢司(監督)×福井晴敏(シリーズ構成/脚本)- 「宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち 前章 -TAKE OFF-」世代交代・継承というものを描いています」の画像2 「安田賢司(監督)×福井晴敏(シリーズ構成/脚本)- 「宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち 前章 -TAKE OFF-」世代交代・継承というものを描いています」の画像3 「安田賢司(監督)×福井晴敏(シリーズ構成/脚本)- 「宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち 前章 -TAKE OFF-」世代交代・継承というものを描いています」の画像4

あわせて読みたい

Rooftopの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク