岸井ゆきの・浜辺美波が強い絆で結ばれる親友役に! 映画『やがて海へと届く』2022年春公開決定!

岸井ゆきの・浜辺美波が強い絆で結ばれる親友役に! 映画『やがて海へと届く』2022年春公開決定!
拡大する(全2枚)
主演に岸井ゆきの(『愛がなんだ』)、出演に浜辺美波(『映画 賭ケグルイ』)を迎えた、中川龍太郎監督(『わたしは光をにぎっている』)最新作『やがて海へと届く』が、2022年春に公開することが決定。 本作は、彩瀬まるによる同名小説「やがて海へと届く」(講談社文庫)の映画化。突然消息を絶った親友の死を受け入れられずにいる主人公が、深い悲しみを抱えながらも前に踏み出そうとする姿を見つめる、喪失から再生へと向かう物語。 主演は、『愛がなんだ』で第43回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞し、その演技力の高さでドラマ・映画・舞台と幅広く活躍する岸井ゆきの。自分にないものを持つ親友への密かな憧れ、そんな彼女の死を受け入れられずにいる主人公・真奈の繊細な心の機微を、魂のこもった演技で挑み圧倒させる。そして出演には、『映画 賭ケグルイ』をはじめ、映画のみならずテレビやCMなど引く手数多の活躍で、『シン・仮面ライダー』のヒロインにも抜擢された浜辺美波。 自由奔放で不思議な魅力を持つ真奈の親友・すみれを存在感たっぷりに演じた。ふたりは、映画での共演は本作が初。現場では演技とは思えないほどの空気を作り出し、他では観ることのできない、強い絆を感じさせる親密な表情が全編に散りばめられる。かつては深く繋がるも離れ離れになってしまう、12年にわたる切なくも愛おしい物語。いま最も勢いがある世代を代表する俳優ふたりの、夢の競演が実現。 監督・脚本は、モスクワ映画祭で国際映画批評家連盟賞、ロシア映画批評家連盟特別表彰をダブル受賞するなど国内外で注目される、『四月の永い夢』『わたしは光をにぎっている』の中川龍太郎。原作の壮大なスケールや描写から実写化困難とも囁かれていたが、詩人としても活躍する監督の世界観と圧倒的映像美が見事に融合され、祈りのような心に寄り添う感動作として誕生した。また今回、写真家・

この記事の画像

「岸井ゆきの・浜辺美波が強い絆で結ばれる親友役に! 映画『やがて海へと届く』2022年春公開決定!」の画像1 「岸井ゆきの・浜辺美波が強い絆で結ばれる親友役に! 映画『やがて海へと届く』2022年春公開決定!」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Rooftopの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク