日向坂46・宮田愛萌、「古典を推します!」 光文社古典新訳文庫の創刊15周年記念フェア!

日向坂46・宮田愛萌、「古典を推します!」 光文社古典新訳文庫の創刊15周年記念フェア!
拡大する(全2枚)
2021年11月、光文社古典新訳文庫は創刊15周年フェア「わたしの推しの光文社古典新訳文庫」にて、 15名の読書好きの著名人による推薦タイトルを集めた書店フェアを開催。 2021年11月18日より全国書店にて始まる光文社古典新訳文庫創刊15周年記念フェア「わたしの推しの光文社古典新訳文庫」。 展開タイトルは読書好きの推薦を受けたもの。 その推薦者として、 日向坂46・宮田愛萌が参加。 ほか推薦者には、 芥川賞作家・平野啓一郎やロシア文学者・亀山郁夫といった光文社古典新訳文庫と関係のある文筆家を始め、 河村・拓哉(QuizKnock)や書評YouTuberのアバタローなどYouTubeで活躍する面々も。 光文社古典新訳文庫の愛読者が集まったフェア。 フェアでは15名の著名人による推薦文が、 それぞれの「推し本」の帯となって書店に並ぶ。 宮田愛萌さんの推しの一冊は平安~鎌倉時代の古典、 『虫めづる姫君』。 日本の古典好き、 そして司書資格を持っている宮田ならではの推薦文については、 書店にてチェックしてみよう。 またフェア開催日の同日には、 推薦文の全文が掲載された電子ブックガイド『読書好きが選んだ、 心をつかんで離さない53冊わたしの推しの光文社古典新訳文庫』も各電子書店にて配信予定。 各推薦者による15冊以外の作品についての推薦文も載っており、 全52冊の魅力が伝わる最良の案内書。 これから初めて光文社古典新訳文庫を読む人にも、 これまで親しんできてくださった読者の方にも、 新しい古典作品との出会いを約束。 宮田愛萌による推薦文は3作品掲載。

この記事の画像

「日向坂46・宮田愛萌、「古典を推します!」 光文社古典新訳文庫の創刊15周年記念フェア!」の画像1 「日向坂46・宮田愛萌、「古典を推します!」 光文社古典新訳文庫の創刊15周年記念フェア!」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Rooftopの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク